Lifestylefocus

【噂のイキハナ vol.5】代官山の大人のためのTSUTAYA「蔦屋書店」

Image by Fashionsnap.com
Image by: Fashionsnap.com


tsutaya_shoten_daikanyama_089.JPG


tsutaya_shoten_daikanyama_020.JPG

 大人の雰囲気漂うラウンジ「Anjin」が広がります。「平凡パンチ」や「太陽」など懐かしの雑誌をはじめ、「domus」や「VOGUE」、「ELLE」、など海外の雑誌を読むことができます。まるで雑誌図書館です。そして飾られているのはPablo Picasso(パブロ・ピカソ)などの貴重な書物やアート。

tsutaya_shoten_daikanyama_014.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_015.JPG

 珈琲を飲みながらライブラリーの閲覧ができるだけではなく、1階の書籍をここでゆっくり読んで選ぶことも可能です。ちなみにこちらに蔵書されている書籍(雑誌等)はなんと30,000冊。1年あっても全てを網羅するには時間が足りなそうですね。

tsutaya_shoten_daikanyama_017.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_018.JPG

 「Anjin」とは、徳川家康に仕えた貿易商ウィリアム・アダムスこと三浦 按針(みうら あんじん)から名付けられたそうですよ。ということで金屏風とピアノといっ たどどことなく「和」と「洋」をミックスした空間となっています。

tsutaya_shoten_daikanyama_016.JPG

 ちなみに8.7×2.2の屏風を描いたのは鴻崎正武(こうざき まさたけ)氏。大型スクリーンも設置されているのでイベント開催時には活用していくそうです。

tsutaya_shoten_daikanyama_019.JPG

 座席数120席。とても広々としていて開放感のある空間です。

tsutaya_shoten_daikanyama_021.JPG

 ここにはバーカウンターがあり、アルコールや食事を楽しみながら過ごせるのも特徴です。

tsutaya_shoten_daikanyama_013.JPG


tsutaya_shoten_daikanyama_023.JPG

 2階の「anjin」を後にして、お隣の棟へと移動。

tsutaya_shoten_daikanyama_024.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_025.JPG

 こちらは1号館の2階、音楽フロア。他店とは異なり、ジャズ、クラシック、60's~80'sの ロック・ポップスを強化したラインナップが魅力。

tsutaya_shoten_daikanyama_043.JPG

 音楽マニアには嬉しいアーティストが使用した貴重なギターも展示されています(期間限定)。

tsutaya_shoten_daikanyama_046.JPG

 そしてレコードも多数。なかにはとても貴重なものもあります。

tsutaya_shoten_daikanyama_044.JPG

 音楽にまつわる本も並んでいますね。

tsutaya_shoten_daikanyama_045.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_027.JPG

 席は40席。眺めのいい窓辺のカフェエリアでは、コーヒーを飲みながらCDを試聴できます。

tsutaya_shoten_daikanyama_028.JPG

 音楽ジャンルごとに小さな部屋が用意されており、小部屋感、密度感を得ながら音楽の世界に浸れますね。

tsutaya_shoten_daikanyama_030.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_031.JPG

 こちらはセルフレジ。商品自動読み取りでスピーディーな精算が可能です。

tsutaya_shoten_daikanyama_032.JPG

 そして圧倒的なタイトル数を誇るというジャズ、クラシックエリアへ。もちろんこちらにも各専門コンシェルジュが存在します。

tsutaya_shoten_daikanyama_033.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_034.JPG

 音楽は大きなスピーカーから流れてきます。

tsutaya_shoten_daikanyama_035.JPG

 クラシックのエリアでは"NAXOS MUSIC LIBRARY(ナクソス・ミュージック・ライブラリー)"が導入されています。NAXOSは、世界最大のレパートリーを誇るクラシック音楽レーベル。このNAXOS MUSIC LIBRARY は、400レーベル、50,000枚のクラシックCDが試聴可能なシステムなのです。「蔦屋書店」にはクラシックCDだけで10,000枚置いてあります。NAXOSと合わせると約60,000枚のなかから気に入った音楽を聞くことができるそう。

tsutaya_shoten_daikanyama_036.JPG

 クラシック部門のコンシェルジュによると「品揃えは世界一」とのこと。ちなみに気に入ったCDは「蔦屋書店」で注文も出来るそうですよ。

tsutaya_shoten_daikanyama_038.JPG

 ジャズも約10,000枚。「レアなものがかなり揃っていますよ」とジャズコンシェルジュの方が、お勧めしてくれました。

tsutaya_shoten_daikanyama_039.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_040.JPG

 そして、1号館の2階にある映画フロアです。「ない映画がない」を標榜しているという品揃え。ここでしか手に入らない作品も多数あり、その豊富な品揃えの中からお客様が観たくなる作品を、映画コンシェルジュがお薦めしてくれます。

tsutaya_shoten_daikanyama_048.JPG

 今話題の韓流映画から海外ドラマはもちろん、アニメも3ラック使って並べています。

tsutaya_shoten_daikanyama_049.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_051.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_052.JPG

 名作映画のポスターも。

tsutaya_shoten_daikanyama_053.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_054.JPG

 黒沢明の映画作品をはじめとした名作がDVDレンタル可能となっていて「懐かしいですね!」と喜ぶ人もいるとか。DVD化されていない名作を店頭でDVDにして、その場で受け取れるという画期的なサービスも導入するそうですよ。

tsutaya_shoten_daikanyama_055.JPG

 蔦屋書店を後にして、「DAIKANYAMA T-SITE GARDEN」内を散策してみました。カフェダイニングの「IVY PLACE(アイヴィープレイス)」は、天王洲「T.Y.ハーバー ブル ワリー」、広尾「シカダ」の姉妹店。アンティーク家具や古材を活用したカフェ・バー・ダイニングの異なる3つの空間で構成されていて、シーンに合わせて食事やカフェタイムを楽しむことができます。

tsutaya_shoten_daikanyama_092.JPG

代官山北村写真機店では、種類豊富なカメラが販売されています。

tsutaya_shoten_daikanyama_093.JPG

 電動自転車専門店の代官山 Motovelo(ダイカンヤマ モトベロ)は、"電チャリ"のすべてを知ることができる店舗だそう。「是非試乗してください!」とのこと。

tsutaya_shoten_daikanyama_095.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_096.JPG

tsutaya_shoten_daikanyama_098.JPG

 その他、子供用玩具を揃える「ボーネルンド 代官山店」や、獣医師が常駐し、愛犬のため総合サービスを提供する「GREEN DOG 代官山」などが揃います。

tsutaya_shoten_daikanyama_103.JPG

 広々とした駐車場があるので車で来ても大丈夫ですね。

tsutaya_shoten_daikanyama_010.JPG

 さてここまで施設をぐるっと見回して今更かもしれませんが、なぜに「TSUTAYA」ではなく「蔦屋書店」なの?という疑問。「TSUTAYA」の第一号店は1983年に大阪・枚方にオープンした「蔦屋書店 枚方駅前店」と漢字表記だったそう。しかしその後若者をターゲットにしていることから、アルファベット表記の「TSUTAYA」に変更。それから28年、創業当時には若者だった"大人"に向けてオープンした今回の代官山店を原点回帰の意味も含めて「蔦屋書店」と漢字表記にしたとのこと。大人に限らず、これまでの「TSUTAYA」のシステムを活かしたワンランク上のサービス、空間、時間を提供してくれる新スポットとして、若い方々にも行ってもらいたい「イキハナ」スポットです。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング