ISSEY MIYAKE KYOTO
Image by: FASHIONSNAP

Fashion フォーカス

伝統と革新が出会う場所「イッセイ ミヤケ」が現代に蘇らせる京町屋

ISSEY MIYAKE KYOTO
ISSEY MIYAKE KYOTO
Image by: FASHIONSNAP

 今なお多くの歴史ある建築物が軒を連ねる古都・京都の柳馬場通。そこに佇む一軒の町屋に新たな命が吹き込まれた。暖簾をくぐり格子の引き戸を開けた先に広がるのは、築132年の建物から漂う時代の重みと「イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE)」の品々だ。

 


issey_miyake_kyoto_029.jpg 「ISSEY MIYAKE KYOTO」の目印は「一」のロゴのみ。創業者・三宅一生の「一」と三宅の髭をイメージしアートディレクターの浅葉克己によってデザインされた。現在、銀座や丸の内などブランドの複合店では、屋号として使われている。

issey_miyake_kyoto_026.jpg 2階建ての母屋と離れの蔵からなる「ISSEY MIYAKE KYOTO」はブランドにとって京都初となる路面店。繊維工場や染工所などイッセイ ミヤケのモノづくりを語る上で欠かせない京都に出店することは、創業者・三宅一生の強い希望でもあったという。

 店内にはメンズブランド「ISSEY MIYAKE MEN」と「HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE」を中心に「BAO BAO ISSEY MIYAKE」や「ISSEY MIYAKE WATCH」などのアクセサリーが並ぶ。

issey_miyake_kyoto_001.jpgissey_miyake_kyoto_003.jpg 「改装するというより復元する」。プロダクトデザイナー深澤直人が手掛けた内装は、元の建物の個性や特徴を活かしつつ、イッセイ ミヤケの商品が引き立つことを意識して無駄な要素が削ぎ落とされている。京都の職人の手で仕上げられた「墨色(すみいろ)」の漆喰は、落ち着きの中に温かみを感じさせ、長く空き家だった町家に息を吹き込んだ。

issey_miyake_kyoto_004.jpgissey_miyake_kyoto_005.jpgissey_miyake_kyoto_002.jpgissey_miyake_kyoto_013.jpgissey_miyake_kyoto_006.jpgissey_miyake_kyoto_008.jpgissey_miyake_kyoto_010.jpgissey_miyake_kyoto_009.jpg 天井を見上げると、梁がむき出しの吹き抜けが開放感を与える。採光に優れ、風通しの良さが考慮された町屋はその構造美も魅力の一つ。階段を上った先の中二階にも外からの光が差し込んでくる。

issey_miyake_kyoto_012.jpgissey_miyake_kyoto_031.jpgissey_miyake_kyoto_032.jpgissey_miyake_kyoto_034.jpgissey_miyake_kyoto_033.jpg 敷地の奥には、出店の決め手となったという「中庭」と「蔵」。天井の高い蔵はギャラリースペースとし、ブランドが解釈する日本文化や伝統の発信の場として活用する。オープニングは三宅一生たっての希望で、長年のコラボレーターであり、京都で長く生活していた田中一光のグラフィックや「IKKO TANAKA ISSEY MIYAKE」の第3弾にスポットを当てた。

issey_miyake_kyoto_014.jpg

issey_miyake_kyoto_022.jpgissey_miyake_kyoto_017.jpgissey_miyake_kyoto_016.jpgissey_miyake_kyoto_021.jpgissey_miyake_kyoto_020.jpgissey_miyake_kyoto_018.jpgissey_miyake_kyoto_024.jpgissey_miyake_kyoto_035.jpg イッセイ ミヤケが現代に蘇らせた町屋。京都の地で職人により受け継がれてきた「伝統」と、プリーツに代表されるブランドの「革新」とが溶け合い、時代を越えた美が共存している。

■ ISSEY MIYAKE KYOTO
住所:京都府京都市中京区柳馬場通三条下ル 槌屋町89
営業時間:11:00〜20:00
電話:075-254-7540

主な取り扱いブランド:
HOMME PLISSÉ ISSEY MIYAKE
ISSEY MIYAKE MEN
BAO BAO ISSEY MIYAKE


最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング