LifestylePromotion

ランボルギーニで九州の新たな魅力を発見、ドライブツアー「GIRO JAPAN 2021」レポート

 アウトモビリ・ランボルギーニ・ジャパンが12月、ランボルギーニで九州の名所を巡るドライビングツアー「GIRO JAPAN 2021」を開催しました。宮崎から大分エリアにまたがる総距離約400キロメートルを、約30台の"雄牛"が疾走。美しい景観の大自然から九州随一の国際サーキット場まで、非日常を体験できる舞台を3日間にわたって巡ったエモーショナルなツーリングツアーをレポートします。

「GIRO JAPAN」は愛車に乗って絶景を巡る、オーナー向けドライビングツアー

 「GIRO」とは、イタリア語で"巡る"という意味。オーナーが愛用するランボルギーニに乗って美しいロケーションを巡るツアーの「GIRO JAPAN」は、世界各国で開催されている人気イベントです。日本では2017年に名古屋・大阪で初開催。4度目となった今年の舞台には九州が選ばれました。宮崎のシェラトン・グランデ・オーシャンリゾートをスタートし、絶景の太平洋沿いを北上して大分へ。別府市を経由しながら、向かうは国際サーキット「オートポリスインターナショナルレーシングコース」。公道とは一線を画す本格的なサーキット走行を満喫できるという、まさにドライバー垂涎のツアーラインナップです。

 ツアーを彩ったのは「ウラカン STO」をはじめ、ツートーンカラーが存在感を放つ「ウラカン エボ フルオ カプセル」、スーパーSUV「ウルス」など約30台。そして、創業者であるフェルッチオ・ランボルギーニの生誕100周年を記念して全世界で40台限定生産した「Centenario Roadster」、ランボルギーニが日本のためだけに7台だけ限定生産した「Aventador S Japan Limited Edition」など、希少なモデルも揃い踏み。威風堂々とした佇まいでドラマチックに駆け抜ける姿は、多くの見物人たちの視線を釘付けにしていました。

美しいビーチやエンターテインメントを堪能し、フルコースディナーに舌鼓

 12月10日、シーガイアコンベンションセンターで開かれたガラ・ディナーと共に今回のイベントが幕開け。注目シンガーの「JILLE」によるスペシャルステージや、全日本選手権 空手女子組手 体重無差別級で女子初の4連覇を成し遂げた植草歩選手によるトークショーなどでツアーのスタートを華やかに祝いました。翌日は、見晴らしの良い小高い丘に佇む「都農ワイナリー」などを巡ったのち、注目の複合施設「STAIRS OF THE SEA」で美しいビーチを臨みながらランチタイム。国内有数のサーフスポットである日向市金ヶ浜の目の前という絶好のロケーションに、宮崎ならではの店舗が並ぶ人気エリアです。

 太平洋沿いを北上して大分県に入ると、佐伯市の「しおさいの里」では迫力の太鼓演奏がお出迎え。ご当地グルメを楽しみ、その日の宿であるANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパを目指します。ディナーでは、フレンチ・イタリアンのフルコースに舌鼓を打ちながら、マジックショーや別府市とのコラボレーションによる盛大な花火を鑑賞。2日目のツアーを締めくくりました。

絶景ルートを駆け抜け、本格的なサーキット走行体験

 最終日の12日は、別府から東九州自動車道、九州横断自動車道を経て、阿蘇の雄大な牧草地隊を駆け抜ける絶景の「ミルクロード」を走行しました。ワインディングロードの爽快なドライブを楽しみながら、「オートポリスインターナショナルレーシングコース」に到着。国際公認コースを貸し切り、約30台ものランボルギーニが一斉に走る姿は圧巻そのもの。非日常の特別な高揚感に包まれ、全工程を終えました。

 オーナーたちは愛車に乗って地域との交流を深めながら、日本の魅力を再発見する3日間を完走しました。同時に、相棒の高い走行能力を思う存分楽しめるイベントでもあります。ランボルギーニを通して、日本とクルマの新たなポテンシャルに気づける特別な体験。「GIRO JAPAN」は、来年も開催する予定とのことです。

一井智香子(Chikako Ichinoi)

1986年神奈川生まれ。慶應義塾大学商学部を卒業後、三越伊勢丹に入社。伊勢丹新宿本店メンズ館の紳士雑貨でアシスタントバイヤーを務めた後、2011年にINFASパブリケーションズ入社。「WWDジャパン」記者として、主にメンズファッションを担当。ピッティ、ミラノ、パリメンズコレクション取材を始め、セレクトショップや百貨店、ファッションビルのビジネス動向を取材。現在はフリーランスとして、ファッションやライフスタイル系の記事執筆を手がける。男児と女児の母。

    最新の関連記事

    Realtime

    現在の人気記事

      次の記事を探す

      Ranking Top 10

      アクセスランキング