お買いモノウィメンズ

一枚で着たい主役級のセーター7選

 冬はコートの印象が強くなってしまいがちですが、コートがまだ必要のない秋こそ、お気に入りのセーターを1枚で楽しめる最高のタイミングです!また、やや厚手のものも着膨れの心配をせずに堪能できます。そこで、今季おすすめしたい主役級のセーターをセレクトしました。

— ADの後に記事が続きます —

ACNE STUDIOS

 タフテッド製法を用いた「アクネ ストゥディオズ(ACNE STUDIOS)」のウール混セーター。体をすっぽり覆うサイジングが可愛い1着。ダークトーンになりがちな季節こそ、これくらいフレッシュなオレンジがよく映えます。

JIL SANDER

 保温性と防寒性に優れたフィッシャーマンズスタイルのリブ編みで仕立てた「ジル サンダー(JIL SANDER)」のセーター。一見シンプルながら、ドロップショルダーとサイドヘムスリットのおかげでほんのり個性の宿るコーディネートへ導いてくれます。

MM6

 まるでタートルネックベストとセーターをレイヤードしているかのような、デザイン性の高い「エムエムシックス・メゾン・マルジェラ(MM6 MAISON MARGIELA)」のこちら。フロントとバックがアシンメトリーな裾になっており、全方位可愛く見せてくれます。

sacai

 唯一無二な存在感を放つ「サカイ(sacai)」のアシンメトリーケーブルニット。大きなシルバートーンのファスナーを配したり、ボディと袖で異なる編み方だったりと、着こなすのが楽しい一着です。

MARNI

 ウールとモヘアのブレンド素材で仕立てた、柔らかな表情が愛らしい「マルニ(MARNI)」のセーター。なんとこちら、前後でまったく違ったデザインだから驚き。遊び心のあるコーディネートを叶えてくれます。

MOLLY GODDARD

 ラムウールを使用した「モリー・ゴダード(MOLLY GODDARD)」のループニット。ブラックに見えますがダークネイビーなので、印象が重たくなりすぎません。カジュアルにも、はたまたスラックスなどの、きちんと感のあるボトムスにも似合います。

ULLA JOHNSON

 ドレープパフスリーブが女性らしいムードを演出してくれる「ウラ ジョンソン(ULLA JOHNSON)」のセーター。ざっくり感が可愛いケーブル&クロシェ編み。ボリュームがある分、ボトムスはコンパクトにするとバランス良くまとまります。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

ショートビデオ
最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング