Mame Kurogouchi 2018-19年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

Fashion フォーカス

「誰かの特別な一着を」マメが初のランウェイショーを東京で開催

Mame Kurogouchi 2018-19年秋冬コレクション
Mame Kurogouchi 2018-19年秋冬コレクション
Image by: FASHIONSNAP

 「誰かにとっての特別な一着を作れたら」。東京を拠点とするブランド「マメ(Mame Kurogouchi)」のデザイナー黒河内真衣子は、パリで発表したコレクションを東京で披露する凱旋イベントで、服作りの根底にある思いを話した。「マメ」の服はバイヤーやエディターといった目の肥えたプロにファンが多く、繊細な技術と真の女性らしさを引き出すデザインに定評がある。第1回「FASHION PRIZE OF TOKYO」の受賞を経て、3月19日に開幕した東京ファッションウィークの冠スポンサーでもあるAmazon Fashionがフィーチャー。初日の3月19日に、ブランド初となるランウェイショーを東京で開催した。

 

mame_18aw_o01_001.jpg

 会場は、東京・品川に開設されたばかりのAmazon Fashion 東京 撮影スタジオ。「マメ」はAmazon Fashionが日本のファッションを支援するプログラム「AT TOKYO」に選ばれ、パリで披露した2018-19年秋冬コレクションを、趣向を変えた形式で発表した。ルックを絞りシーズン要素の強いスタイルを印象付けたパリのプレゼンテーションとは異なり、東京ではモデルの数を増やして、よりリアリティのあるルックも混ぜクリエイションの幅広さを打ち出した。

mame_18aw_o01_005.jpgmame_18aw_o01_023.jpg

 身の回りから美しいものを探す旅。黒河内真衣子は新作のインスピレーションとして、1940年代に活躍したフランスの女性デザイナー シャルロット・ペリアンの図録「選択・伝統・想像」を挙げている。彼女が日本中を旅し、生活や日常から見つけたものを再編集したように、身近にあるものを見つめ直したという。事務所のそばの石段や拾った落ち葉から、包み紙の飾り、そしてゴミ袋や領収証まで。

mame_18aw_o01_009.jpg

mame_18aw_o01_012.jpg

 日本ならではの藁細工といった、伝統的な技術にも着目した。しかし民芸的な捉え方ではなく、「マメ」ならではのフィルターを通しファッションとして落とし込むというアプローチ。花の刺繍や藤の籠のような編み地、ブラウンやミントグリーンのカラーパレット、記憶の中で思い出が重なるように様々な要素が混じり合う。時間を感じさせる手仕事もあれば、シグネチャーでもあるPVCのバッグのようにモダンさも織り込まれている。

mame_18aw_o01_026.jpg

mame_18aw_o01_007.jpg

mame_18aw_o01_014.jpg

mame_18aw_o01_032.jpg

 ブランドの立ち上げは2010年。黒河内真衣子はこれまでも、旅先で見た景色や、一冊の本といった日常から美しさを見いだし、自身の視点を通じてファッションで表現してきた。丁寧に仕立てられた、女性による女性のための服が共感を得る。まだパリの本格的な進出は1シーズン目だが、「これからも地に足をつけて、マメらしい物作りを続けていきたい」と話している。

mame_18aw_o01_036.jpg

■Mame Kurogouchi:2018-19年秋冬コレクション全ルック
■東京ファッションウィークの最新情報:特設サイト

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング