お買いモノ

Tシャツに一点プラス、この夏身に付けたいメンズアクセサリー7選

 そろそろ本格的な夏が到来。衣替えをしてTシャツ一枚での外出も増えました。でも心なしかTシャツ一枚だけだと物寂しい......そこで今回は夏のシンプルな装いのアクセントになるメンズアクセサリーを紹介していきたいと思います。

— ADの後に記事が続きます —

 「サンローラン(SAINT LAURENT)」のケーブルチェーンネックレス。サボテンのペンダントがアクセントになっており、夏にもぴったりなプレイフルなデザインです。スタイリングの邪魔をせず、チェーンの長さを調節することが出来るので、その日の気分やコーディネートに合わせてアジャストできます。

 ブランド創立25周年を記念し、ラフ・シモンズ自身が過去のコレクションから100アイテムを選び復刻させた「ラフ・シモンズ アーカイヴ レダックス(RAF SIMONS ARCHIVE REDUX)」 からは、2021年春夏コレクションのイニシャルペンダントネックレスをセレクト。シルバーの「R」が印象的。

 学生時代に出会ったデジレー・ハリスとイネス・カーグが共同で立ち上げたブランド「ブレス(BLESS)」。シルバーとゴールドのニュアンスの異なるチェーンの中央に取り付けられたウォッチのペンダントがユニーク。首元にインパクト大です。

 「ジバンシイ(GIVENCHY)」のブラスシグネットリング。ゴールドアクセサリーは派手なイメージでハードルが高いと思っている人にも手に取りやすいアンティーク加工で上品さのあるデザイン。他のリングとも合わせやすいので、アクセサリー好きの方にもオススメです。

 人気ブロガーのハス・ムラードが2019年に立ち上げたオーストラリア・シドニー発のジュエリーブランド「ディア レターマン(Dear Letterman)」。スターリングシルバーや22kなどの上質な素材と伝統的な鋳造方法を用いて職人が一つ一つ手作業で作っているというリングは、唯一無二の味があるデザイン。

 ニコラ・ジェスキエール指揮下の「バレンシアガ(BALENCIAGA)」で約10年に渡ってデザイナーを経験した後、自身の名を冠して立ち上げた「シャルロット・シェネ(Charlotte Chesnais)」。彼女のデザインは彫刻的かつ芸術的な要素があり、独特な曲線美が特徴です。主にウィメンズ向けにジュエリーを展開していますが、男性がつけていても全く違和感がなく、モードな雰囲気を演出してくれそう。

 アフリカ大陸サハラ砂漠で生活している遊牧民族「トゥアレグ族」の伝統工芸品であるトゥアレグシルバー。一つ一つ手作業で行われる細かい彫り技術や銀の加工技術は「エルメス(HERMÈS)」にも認められているほど。こちらのアイテムはハイブランドに比べてコストパフォーマンスも良いので重ね付けもオススメです。

※表示価格は全て各サイトにおける掲載時の販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング