Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle 大解剖

グルメから雑貨まで"北欧づくし" 森と湖に囲まれた「メッツァビレッジ」の楽しみ方

まったりするなら「ノルディック スクエア」へ

 「ノルディック スクエア(Nordic Square)」は季節毎のイベントや地域と連携したイベントなどが開催され、人々が集い、交流が生まれるパブリックスペース。芝生がある広場に設置されている椅子で談笑しながらゆっくり湖を眺めたり、日光浴したり、お昼寝したり。"ヒュッゲ"な時間が過ごせそうです。

 

北欧雑貨や地元物産が揃う「マーケット ホール」

 マーケット棟では埼玉の食材や名産品、北欧のブランド雑貨や家具、アクセサリーなどを販売。出店テナントから、注目のブランドを紹介します。

■Moi Saitama

 約70年にわたる歴史を持つ丸広百貨店がプロデュースする埼玉県産品による食のセレクトショップ。菓子、惣菜、乳製品、お酒、お茶など様々なフードが並んでいます。

■ベジタワー

 農薬・科学肥料を使わずに育てるひより農園や飯能市で生産された新鮮な野菜や果物を販売しています。

■サイボク

 埼玉県日高市の「サイボク」は、種豚の品種改良・肉豚の生産から、ハム・ソーセージの製造、新鮮な精肉の販売までを一貫体制で手掛けています。1999年からドイツ農業協会主催の国際食品品質コンテストに挑戦し続け、これまでに金メダルを927個獲得したのだとか。同店では、サイボクの銘柄豚「ゴールデンポーク」を使ったハムやソーセージのグリルを味わうことができます。

■ビオキアスムージ

 フィンランドで農薬を使わず育てられたナチュラルなベリーを展開する「ビオキア(biokia)」のベリーパウダーを使った世界初のスムージー専門店。ビルベリーやリンゴンベリー、シーバックソーンなど様々な種類のベリーパウダーを用いたドリンクのほか、ボトル入りのジュースやパウダーを揃えています。

■メッツァカフェ

 メッツァビレッジのカラーをイメージしたオフィシャルカフェ。メッツァのオフィシャルグッズや様々な雑貨を取り揃えているほか、コーヒーや紅茶、ホットドックなどの軽食やデザートをゆっくり楽しめます。

■トレ

 「トレ(TRE)」は2016年8月にフィンランドでオープンしたライフスタイルショップで、今回が日本初出店。「Artek」「Nord-T」「Fat Cloth」「Mokoko」など世界的に知られている300以上のフィンランドブランドを取り扱っています。

 崔聡子と蔵原智子による陶芸作家ユニット「サトコサイ・プラス・トモコクラハラ(Satoko Sai + Tomoko Kurahara)」による陶器は、同店限定商品として販売。

■北欧雑貨

 「北欧雑貨」では「マリメッコ(marimekko)」や「フィンレイソン(Finlayson)」「イッタラ(iittala)」「アベバ(aveva)」といった有名ブランドのほか、スタッフが北欧諸国に直接出向いて買い付けた工芸品などを揃えています。


 子どもや家族を守ってくれると言われているデンマークの妖精「ニッセ」をモチーフに職人がハンドメイドで作り上げた「ノルディカニッセ(NORDIKA nisse)」の木製人形は、それぞれ異なる表情で仕上げられています。今年のクリスマスギフトにするのも良さそうですね。

 マリメッコでは、食器やテーブルマット、枕などのホームグッズをはじめバッグ、クリスマス限定コレクションを販売。

 フィンランド発のイッタラと「アラビア(ARABIA)」、デンマーク発の「ロイヤルコペンハーゲン(Royal Copenhagen)」からは、各ブランドのシグネチャーアイテムに加え、限定品などを取り扱っています。

 スウェーデン発のマッサージキャンドルブランド「クリンタ(KLINTA)」のコーナーでは、パラフィンなど石油系のワックスを一切使わない植物由来成分のキャンドルを販売。キャンドルの火を眺めながら香りを楽しみつつ、芯を中心に溶け出した温かいオイルで肌をマッサージすることができます。日頃の疲れを癒やしたい人にオススメです。

 ほかにも、メッツァの北欧雑貨でしか取り扱っていないブランドのアイテムや、メッツァ限定アイテムを多数ラインナップ。買い付けスタッフによる商品のオススメポイントが記入されたメモが置いてあるので参考にしてみてはいかがでしょうか。

■ゴッラ

 2階の一部スペースでは、フィンランド発のバッグブランド「ゴッラ」が12月30日まで期間限定ショップをオープン。定番のバックパック「オリオン(Orion)」をはじめ、ショルダーバッグやトートバッグ、ポーチなど、定番アイテムから新作まで多数展開しています。北欧のライフスタイルを感じられる柄と色合いが特徴。4,536円~3万2,400円という手に取りやすい価格帯も魅力の一つです。

次のページは>> 人気ラーメン店「AFURI」も...北欧のカフェから和のスイーツまで愉しめる「ヴァイキングホール」

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング