Image by: FASHIONSNAP.COM

Lifestyle 大解剖

グルメから雑貨まで"北欧づくし" 森と湖に囲まれた「メッツァビレッジ」の楽しみ方

Image by: FASHIONSNAP.COM

 北欧のライフスタイルが体験できる「メッツァビレッジ(metsä village)」と、ムーミンの物語の世界観を体験できる「ムーミンバレーパーク」で構成される新施設「メッツァ(metsä)」。その一部であるメッツァビレッジが先行オープンしました。森と湖に囲まれた空間で、グルメからショッピング、ものづくりまで様々なコンテンツが多数展開されています。施設の内部とそれぞれの楽しみ方を、クリスマスシーズンだけ楽しめるイベントと併せて紹介します。

【関連記事】北欧ライフスタイルを体験できるムーミン物語の「メッツァビレッジ」が公開

 メッツァは飯能駅からバスで約13分の場所にオープン。飯能駅までは横浜駅から90分、東京駅から70分、池袋駅からは乗換なしで50分でアクセスできます。メッツァ停留所で下車して中へ進んでいくと、北欧の自然の中にいるかのような緑豊かな道が続きます。

 森を抜けると、メッツァビレッジに到着。

 メッツァビレッジは、マーケット棟の「Market hall」、レストラン棟の「Viking hall」、セレクトショップやアーティストギャラリーを集積した「P apartment」、ワークショップ・ラーニングスペース「Craft bibliotek」、カヌー工房・木工房「Sagverk」などから構成されています。

 目の前には空の青、木立の緑、宮沢湖の情景が広がるロケーション。なるべく元の自然を残すように設計されたそう。都会の喧騒を忘れさせてくれるような、ほっとできる空間になっています。

 次のページではメッツァビレッジを構成する主要のスポットを紹介します。

次のページは>> マリメッコなどの北欧雑貨が集積する「マーケット ホール」

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング