Culture まとめ

ファッション好きは見逃せない2018年公開映画まとめ

 2018年もクリエーティブな映画が目白押し。ソフィア・コッポラ監督による最新作「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」や、ファッションデザイナーのドリス・ヴァン・ノッテンに迫る初のドキュメンタリー「ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男」など、ファッションやアート好きにとって見逃せない作品をピックアップしました。

 

■The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ

eigamatome0103_001.jpg©2017 Focus Features LLC. All Rights Reserved.

 「The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ」は、「カルティエ」のショートムービーなどを手掛けるソフィア・コッポラ監督による長編6作目。世間から隔絶された女子寄宿学園に暮らす美しき女性7人が負傷した兵士と出会ったことをきっかけに、次第に女の園の秩序が崩れ始める様子が描かれます。2017年カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞。豪華な衣装も必見です。

公開日:2月23日(金)
監督:ソフィア・コッポラ
出演:ニコール・キッドマン、エル・ファニング、キルスティン・ダンスト、コリン・ファレルほか
公式サイト

■ゴーギャン タヒチ、楽園の旅

eigamatome0103_003.jpg© MOVE MOVIE - STUDIOCANAL - NJJ ENTERTAINMENT

 ゴーギャンの生誕170周年を記念したこの作品は、ゴーギャンが1891年に妻子を捨てるようにしてタヒチ島に渡り、自身の作品スタイルを決定付けることになった滞在クロニクル。現地で出会った美しい娘テフラをモデルに、数々の名作を生み出した芸術家の愛と苦悩の日々が描かれています。

公開日:1月27日(土)
監督:エドゥアルド・デルック
出演:ヴァンサン・カッセル、ツイー・アダムス、マリック・ジディ、プア・タウ・ヒクティニ
公式サイト

■ドリス・ヴァン・ノッテン ファブリックと花を愛する男

eigamatome0103_004.jpg これまで密着取材を断ってきたデザイナー ドリス・ヴァン・ノッテンに迫る、初のドキュメンタリー作品。監督は1999年公開映画「マグナム・フォト 世界を変える写真家たち」で知名度を上げたドキュメンタリー監督のライナー・ホルツェマーで、3年に及ぶ取材交渉の末にドリスから撮影許可を得たそうです。美しいものを愛し何事にも全力を注ぐ、完璧主義者のドリスがのぞかせた意外な素顔に迫っています。

公開日:1月13日(土)
監督:ライナー・ホルツェマー
出演:ドリス・ヴァン・ノッテン、アイリス・アプフェル、スージー・メンケス
公式サイト

■キングスマン:ゴールデン・サークル

eigamatome0103_005.jpg© 2017 Twentieth Century Fox Film Corporation

 

 表の顔はロンドンの高級テーラー、その実態はどの国にも属さない世界最強のスパイ機関「キングスマン」。スパイアクション映画の2年ぶりとなる最新作は、同盟を結ぶアメリカのスパイ機関「ステイツマン」とともに、ゴールデン・サークルが企む陰謀を阻止しようと奮闘する姿が描かれます。ブリティッシュ仕立てのスーツをはじめ、エレガントな装いにも注目です。

公開日:1月5日(金)
監督:マシュー・ヴォーン
出演:コリン・ファース、ジュリアン・ムーア、タロン・エガ―トン、マーク・ストロング、ハル・ベリー、エルトン・ジョン、チャニング・テイタム、ジェフ・ブリッジス
公式サイト

■太陽の塔

eigamatome0103_002.jpg

©2018映画『太陽の塔』製作委員会 

 太陽の塔のルーツを探る長編ドキュメンタリー映画。日本各地やチベットで取材を行い、岡本太郎の周辺で事業に関わっていた人々やさまざまな分野の専門家、アーティストといった総勢23組24人へのインタビューが行われました。監督は、資生堂やトヨタ、アディダスなど著名ブランドのCMをはじめ、AKB48、Mr. ChildrenのMVなど幅広いジャンルの作品を手掛ける関根光才。

公開日:2018年秋
監督:関根光才
公式サイト

■しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス

eigamatome0103_006.jpg

 「しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス」は、カナダで最も有名な画家モード・ルイスと夫エベレットによる実話を映画化した作品。カナダの小さな港町で美しい四季の変化や動物を色鮮やかに愛らしく描き続けたモード、不器用ながらもモードを献身的にサポートした夫のエベレットの夫婦の絆と慎ましくも幸せな日々が描かれています。第28回シネフィスト・サドバリー国際映画祭、第6回モントクレア映画祭、第12回バンクーバー映画祭、ウィンザー国際映画祭など、世界の映画祭で観客賞を受賞した感動作です。

公開日:3月3日(土)
監督:アシュリング・ウォルシュ
出演:サリー・ホーキンス、イーサン・ホーク
公式サイト

■ザ・スクエア 思いやりの聖域

eigamatome0103_007.jpg© 2017 Plattform Prodtion AB / Société Parisienne de Production /
Essential Filmproduktion GmbH / Coproduction Office ApS

 権威ある現代アート美術館のキュレーター クリスティアンが、盗まれた財布とスマートフォンを見つけるために取った行動により予想外の事態に巻き込まれていくヒューマンドラマ。他者への無関心や欺瞞、階層間の断絶といった現代社会の問題を、痛烈な笑いで浮き彫りにしています。2017年カンヌ国際映画祭において最高賞であるパルムドールに輝いた注目作品です。

公開日:4月28日(土)
監督:リューベン・オストルンド
出演:クレス・バング、エリザベス・モス、ドミニク・ウェスト、テリー・ノタリーほか
公式サイト

■デヴィッド・リンチ:アートライフ

eigamatome0103_008.jpg(C) Duck Diver Films & Kong Gulerod Film 2016

 映像作品をはじめ、絵画、写真、音楽などさまざまな方法で表現活動を続けているデヴィッド・リンチにフォーカスしたドキュメンタリー映画。アメリカの小さな田舎町で家族と過ごした幼少期、学生時代の退屈と憂鬱、親友ジャック・フィスクとの友情、当時の妻ペギーの出産を経てつくられた長編デビュー作「イレイザーヘッド」(1976年)に至るまで、これまでの人生をデヴィッド・リンチ自身が振り返ります。

公開日:1月27日(土)
監督:ジョン・グエン、リック・バーンズ、オリヴィア・ネールガード=ホルム
出演:デヴィッド・リンチ
公式サイト

■SUKITA 刻まれたアーティストたちの一瞬

eigamatome0103_009.jpg©2018「SUKITA」パートナーズ

 写真家 鋤田正義の軌跡を辿る初のドキュメンタリー映画。劇中では坂本龍一をはじめ、布袋寅泰やMIYAVI、ジム・ジャームッシュ、ポー ル・スミス、山本寛斎など、世界に名だたるアーティストたちが、鋤田との仕事や思い出について語っています。

公開日:2018年5月
監督:相原裕美
出演:鋤田正義、布袋寅泰、ジム・ジャームッシュ、山本寛斎、永瀬正敏、糸井重里、リリー・フランキー、クリス・トーマス、ポール・スミス、細野晴臣、坂本龍一、高橋幸宏、MIYAVI、PANTA、是枝裕和、立川直樹、高橋靖子 ほか
公式サイト

■アイスと雨音

amaoto0130_001.jpg

 松居大悟監督による最新作「アイスと雨音」は、"現実と虚構" "映画と演劇"の狭間でもがく若者たちの1カ月を74分ワンカットで描いた青春譚。予定していた演劇が中止になるという松居自身の実体験をもとに制作されています。400人の中からオーディションで選ばれた森田想・田中怜子・田中偉登・青木柚・紅甘・戸塚丈太郎の6人の若手俳優が出演。「ケイスケヨシダ」が手掛けた衣装にも注目です。

公開日:2018年3月3日(土)
監督・脚本:松居大悟(「アズミ・ハルコは行方不明」「私たちのハァハァ」)
音楽:MOROHA
出演:森田想、田中怜子、田中偉登、青木柚、紅甘、戸塚丈太郎、若杉実森、門井一将 / 利重剛 / MOROHA ほか
公式サイト

■レディ・バード

bird0130_001.jpg© Universal Pictures

 「レディ・バード」は、閉塞感溢れる片田舎に暮らすカトリック系女子高生のクリスティン(自称レディ・バード)が主人公。友人やボーイフレンド、家族、自分の将来について、悩める17歳の少女の揺れ動く心をユーモアを交えながら描いています。ゴールデン・グローブ賞のミュージカル/コメディ部門で作品賞と主演女優賞を受賞。

公開日:2018年6月
監督・脚本:グレタ・ガーウィグ
出演:シアーシャ・ローナン、ローリー・メトカーフ、トレイシー・レッツ、ルーカス・ヘッジズ、ティモシー・シャラメ、 ビーニー・フェルドスタイン、スティーヴン・マッキンリー・ヘンダーソン、ロイス・スミス
公式サイト

■犬ヶ島

inugashima0130_001.jpg

 全編にわたり日本が舞台の「犬ヶ島」は、失踪した愛犬を探す少年と犬たちの壮大な旅と冒険を描いたストップモーション・アニメーション。RADWIMPS 野田洋次郎や夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙など日本人キャストが多く出演しています。また、2月15日に開催される第68回ベルリン国際映画祭ではオープニング作品としての上映と、コンペティション部門への正式出品が決定しています。

公開日:5月25日(金)
監督:ウェス・アンダーソン
出演:ビル・マーレイ、ジェフ・ゴールドブラム、エドワード・ノートン、ハーヴェイ・カイテル、 ティルダ・スィントン、F・マーレイ・エイブラハム、ボブ・バラバン、フランシス・マクドーマンド、野村訓市、スカーレット・ヨハンソン、グレタ・ガーウィグ、ブライアン・クランストン、 リーブ・シュライバー、コーユー・ランキン、ヨーコ・オノ、野田洋次郎、夏木マリ、村上虹郎、渡辺謙 ほか
公式サイト

■ファントム・スレッド

phantom0130_001.jpg© 2017 Phantom Thread, LLC All Rights Reserved

 「マグノリア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」のポール・トーマス・アンダ ーソン監督が、本作で俳優業の引退を表明しているダニエル・デイ=ルイスと2度目のタッグを組んだ作品。1950年のロンドンを舞台に、社交界から脚光を浴びるオートクチュールの仕立て屋 レイノルズ・ウッドコックと若きウェイトレス アルマの男女の愛の軌跡が描かれています。撮影前に約1年間ニューヨークの裁縫師のもとで衣装作りを学んだというダニエル・デイ=ルイスの演技や、こだわり抜かれた映像美は必見です。

公開日:2018年5月
監督・脚本:ポール・トーマス・アンダ ーソン
出演:ダニエル・デイ=ルイス、ヴィッキー・クリープス、レスリー・マンヴィル

■君の名前で僕を呼んで

callme0130_001.jpg©Frenesy, La Cinefacture

 舞台は1983年夏の北イタリア。避暑地で家族と夏を過ごす17歳のエリオと、24歳の大学院生オリヴァーの恋の痛みと喜びを描いた作品です。第90回アカデミー賞において、作品賞、主演男優賞、脚色賞、歌曲賞の4部門にノミネートされています。

公開日:2018年4月27日
監督:ルカ・グァダニーノ
出演:ティモシー・シャラメ、アーミー・ハマーほか
公式サイト

■さよなら、僕のマンハッタン

only0130_001.jpg© 2017 AMAZON CONTENT SERVICES LLC

 「(500)日のサマー」「gifted/ギフテッド」を手掛けたマーク・ウェブ監督の最新作。大学卒業を機にアッパー・ウエストサイドの親元からロウアー・イーストサイドに引っ越した 主人公トーマス。ある日、想いを寄せる女の子ミミと行った店で、父とその愛人の密会を偶然目撃したことから思わぬ事態に展開していきます。

公開日:2018年4月14日(土)
監督:マーク・ウェブ
出演:カラム・ターナー、ケイト・ベッキンセール、ピアース・ブロスナン、シンシア・ニクソン、ジェフ・ブリッジス、カーシー・クレモンズ
公式サイト

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング