Fashion注目コレクション

「ミスター・ジェントルマン」大胆ミックスで進化するタウンユース

 オオスミタケシと吉井雄一が手掛ける「ミスター・ジェントルマン(MISTERGENTLEMAN)」が、渋谷ヒカリエで2019年春夏コレクションのショーを開催した。

 コレクションでは、オーガンジーやPVCといったシアー素材にメッシュやナイロンの機能素材を組み合わせるなど、スポーティーなスタイルでテーマの「VIBRANT(躍動感)」を表現。ネオンカラーを部分的に取り入れたり、ライダースとデニムジャケットといった異なるウェアを上下・左右・前後でドッキングしたような、ハイブリッドなスタイルが際立つ。ボディスーツのように上下タイトなセットアップにアウターを羽織るスタイリングは、スポーツとタウンを象徴的に融合させた。ミスター・ジェントルマンが得意とする鮮やかな色柄を取り入れた大胆なミックスで、タウンユーススタイルを更新している。

 アクセサリー類は豊富なラインナップで、「アウトドアプロダクツ(OUTDOOR PRODUCTS)」のミニボストンバッグ、巨大なトートバッグやネオンカラーのウエストバッグ、ミニサイズのカゴバッグ、PVCのクラッチバッグなどが登場。パッカブルのバッグは「スピード(Speedo)」、ショルダーポーチは「カリマー(Karrimor)」とそれぞれ初めてのコラボアイテムで、ウェアも展開している。足元は「サキアス(SAKIAS)」とのコラボシューズの新色が発表された。

 ブランドは昨年11月にマッシュホールディングスの傘下となって以来、国内初の旗艦店を青山に、グローバル店舗を上海にオープンするなど事業を拡大。年内には香港への初出店も予定している。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング