Fashion#FS衣装情報

嵐、乃木坂46、綾瀬はるか、菅田将暉......「NHK紅白歌合戦」着用ブランドまとめ<2019>

— ADの後に記事が続きます —

<目次>
【司会編】綾瀬はるか、櫻井翔、内村光良、和久田麻由子
【ゲスト審査員編】広瀬すず、戸田恵梨香、田中圭
【出場アーティスト】
aiko、Hey! Say! JUMP、AKB48、LiSA、King Gnu、Matt、清塚信也
DA PUMP、欅坂46、椎名林檎、乃木坂46、Perfume、星野源、RADWIMPS、Superfly
菅田将暉、ゆず、松任谷由実、米津玄師、嵐

aiko

 2年連続14回目の出場を果たしたaikoさん。エンディングでは、マレーシア発のブランド「Motoguo」から2019-20年秋冬コレクション「Feast or Famine」のワンピースを着用。リボンやフラワープリントをあしらったガーリーなデザインです。

「Motoguo」公式サイトより

 

Hey! Say! JUMP

 今年で3回目の出場となるHey! Say! JUMP。ステージでは「上を向いて歩こう」をアレンジした令和スペシャルバージョンを披露しました。五木ひろしさんの「VIVA・LA・VIDA!~生きてるっていいね!~」の歌唱時にはバックダンサーとして登場。「ロエベ(LOEWE)」2019年秋冬コレクションのタキシードを身にまとい、会場を盛り上げました。

 

清塚信也

 島津亜矢さんのステージで伴奏を務めたピアニストの清塚信也さんは、「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」のメンズアイテムを着用。シンプルなストレッチベルベットのタキシードジャケットに、今回のためにデザインしたオリジナルブラウスを合わせたコーディネートでした。

 

Matt

 天童よしみさんの「大阪恋時雨」歌唱時にピアノ演奏を担当したのは、今年ブレイクしたタレントのMattさん。Mattさんの衣装は「タエ アシダ(TAE ASHIDA)」が今回のために特別に制作したもので、総ラッセルレースのブラウスの肩の部分に羽をあしらい、「軽やかに天空を舞うプリンス」をイメージしたそうです。

 

AKB48

 AKB48の衣装はオサレカンパニーが担当。グループを象徴し、今秋冬のトレンドでもあるチェックをメインにデザインしました。AKBグループと海外8ヶ国から姉妹グループのメンバーが参加したステージで、チェックは各グループのイメージカラーを採用。また上半身が映った時にわかりやすいよう、海外グループのリボンには活動拠点のロゴが入れられています。チェック布地と白シャツ地の境目にゴールドのモチーフをあしらい、また動くと揺れるスパイラルフリルが左右につけられ、紅白歌合戦の場で映える華やかな衣装に仕上げられました。

 

LiSA

 今年で紅白歌合戦初出場となったLiSAさん。オープニングではデザイナー廣川玉枝さんが手掛ける「ソマルタ(SOMARTA)」から2020年春夏コレクションのドレスを着用しました。

 

King Gnu

 今年ブレイクしたバンド キングヌー(King Gnu)は、ドラマ「イノセンス 冤罪弁護士」の主題歌にもなった楽曲「白日」を披露。スタイリストのShohei Kashimaさんが担当した衣装は、古着を中心にスタイリング。ボーカル兼キーボードの井口理さんは、「白日」のミュージックビデオ出演時と同じ衣装で登場しました。今年初めに「白日」がヒットし、様々な楽曲リリースやプロモーションが増えるなど周りの環境が変わっていった中で、大晦日に再び「白日」のMV衣装に戻す演出に。

次のページ>>"グッチづくし"椎名林檎に注目、乃木坂46や星野源の衣装も

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング