FashionまとめProvided by: スニーカーダンク

【スニダンランキング-12月編・1月編-】リセール市場で最も買われたスニーカーは?

 スニーカーブームの中で実際に人気を集めたモデルは?国内No.1のスニーカーフリマアプリ「スニーカーダンク」のデータをもとに、2020年12月と2021年1月の人気スニーカーランキングを発表します。

■スニダンランキング

11月編

2020年編

12月の取引数ランキング

 12月にスニダンを介して最も購入されたメンズスニーカーを紹介。

【1位】

NIKE

エア マックス 95 OG NEON YELLOW 2020

 「エア マックス狩り」と呼ばれる社会現象を引き起こしたエア マックス 95のOGカラー 通称「イエローグラデ」が2年ぶりに復刻されました。これまで計7回復刻していますが、ナイキを代表するスニーカーとして常に高い人気を誇っています。2020年の年間取引数ランキングでも2位にランクインしました。

定価(税込):1万8700円
平均取引価格:2万9719円
スニダン 販売ページ:ナイキ「エア マックス 95 OG ネオンイエロー 2020」

【2位】

NIKE

エア モア アップテンポ ブラック 2020

 1996年に登場し、NBAのシカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)で活躍していたスコッティ・ピッペン(Scottie Pippen)が愛用したことでも知られる通称「モアテン」。2017年に「シュプリーム(Supreme)」とのコラボレーションモデルが発売されたことでも注目を集めました。今回、モアテンの中でも人気のあるブラックモデルが約4年ぶりに復刻したことで多く取り引きされました。

定価(税込):1万9250円
平均取引価格:2万2151円
スニダン 販売ページ:ナイキ「エア モア アップテンポ ブラック 2020」

【3位】

NIKE

ダンク ハイ バーシティメイズ

 2020年に35周年を迎え、ブームを迎えている「ダンク」。1985年に発売したNCAA(全米大学体育協会)男子バスケットボールトーナメントの名門7大学のカレッジカラーモデルから、アイオワ大学のカレッジカラーを採用したブラック×イエローの「バーシティメイズ」が復刻しました。ダンクのOGカラーとして35年以上経った今でも人気が続いています。

定価(税込):1万4300円
平均取引価格:1万8577円
スニダン 販売ページ:ナイキ「ダンク ハイ バーシティメイズ」

12月のスニーカー“熱”ランキング

 12月発売のスニーカーで多くのファンから熱視線が送られた最高取引額の高いモデルを紹介。

【1位】

NIKE SB × SEAN CLIVER

ダンク ロー HOLIDAY SPECIAL

 スケートブランド「ストレンジラブ(STRANGELOVE)」を手掛けるアーティストのショーン・クライヴァー(Sean Cliver)とのコラボモデル。ホリデーシーズンのスペシャルモデルで、メタリックゴールドのスウッシュと、ラメ入りのアウトソールが特徴です。昨年2月にバレンタインを記念して発売したストレンジラブとのコラボモデルも注目を集めましたが、今回のホリデースペシャルも人気で最高額21万円で取り引きされました。

定価:1万3200円
最高取引額:21万円
スニダン 販売ページ:ナイキSB×ショーン・クライヴァー 「ダンク ロー ホリデースペシャル」

【2位】

NIKE SB × FRAME SKATE

ダンク ロー

 ドバイ発のスケートショップ「フレイムスケート(FRAME SKATE)」とのコラボモデルが登場。レッドとホワイトのシューレースが特徴で、サイドのスウッシュは二重構造に仕上げられています。海外でも人気が高く、定価の約12倍で取引されました。

定価:1万2100円
最高取引額:12万5000円
スニダン 販売ページ:フレイムスケート × ナイキSB「ダンク ロー」

【3位】

NIKE SB × SEAN CLIVER

ダンク ロー PS HOLIDAY SPECIAL

 ショーン・クライヴァーとのコラボモデルのPS(=Pre-school/幼少児)サイズ。家族で着用する人が多かったのか、子どもサイズも高値で取り引きされました。

定価:9900円
最高取引額:10万8000円
スニダン 販売ページ:ナイキSB×ショーン・クライヴァー 「ダンク ロー PS ホリデースペシャル」

次のページは>>2021年1月のランキングをチェック

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング