お買いモノ

夏のリモートワークにも さらっと上品なサマーニット12選

 夏のデイリートップスといえばTシャツですが、仕事のとき、お出かけのときなどシーンによってはNGなことも。そこで、ワードローブに一枚あると安心なのが、カジュアルすぎない「サマーニット」。ニットと聞くと秋冬のイメージですが、素材を吟味して選べば、暑い季節でも大活躍します。Tシャツよりもきちんと感が出るので、リモートワークにもピッタリ。さっそくチェックしてみましょう。

— ADの後に記事が続きます —

 パキっと明るいイエローが目を引く「プランシー(Plan C)」の半袖ニット。程よくゆるっと着れるリラクシーなシルエットとニュアンスのあるロング丈で、ちょっと上質な部屋着にも。コットン100%のラウンドネックで着心地も抜群です。

 お花の飾りがあしらわれた「バリー(BARRIE)」のファインニット。カシミア混のリュクスな着心地で、一日中快適に過ごせます。洗練されたデザインだからこそ、デニムやサンダルとあわせてカジュアルダウンに着こなすのもおすすめ。

 フューシャピンクのタイクロージャーが目印の「マルニ(MARNI)」のリブ編みニット。ベージュ系の淡いピンクを、袖口のブラックで引き締めた、マルニらしい技ありニットです。こなれ感のあるドロップショルダーで、気負わずキレイめコーデが叶います。

 胸元の大きなパッチポケットが印象的な「ロクサンダ(Roksanda)」のニットポロシャツ。ポロシャツといえば紳士・淑女の定番アイテムですが、あえてダボッと着るのが今の気分。メンズライクなオーバーサイズで、リラックス感を楽しんで。

 フェミニンな雰囲気がお好みの方は「セルフ ポートレイト(Self-Portrait)」をチェック。アンティークの襟のようなレースデザインは、繊細でエレガントなスタイルを得意とする同ブランドならでは。パフスリーブ、クロップド丈と計算されたシルエットにも注目です。

 重厚なリブ編みと軽やかな透かし模様のギャップがたまらない「エヌ ケー(Nk)」のニットブラウス。高さのあるラウンドネックで気温が低い日の防寒服にも。深みのあるレンガ色が、サマールックに新鮮な風を吹き込みます。気になる二の腕もカバーできるスリーブデザイン。

 イタリア生まれのブランド「アルベルタ フェレッティ(ALBERTA FERRETTI)」のフレアスリーブニット。さらりとしたビスコース素材で暑い日もストレスなく過ごせます。海を連想させるブルーのボーダーと波打つラッフルスリーブで、ロマンティックな夏を感じて。

 「レッド ヴァレンティノ(RED VALENTINO)」のクロップドニットは、ボワンと広がるパフスリーブが、二の腕をさりげなくカバーしてくれます。さり気なく光るメタリック加工もお見逃しなく。

 「ポロ ラルフ ローレン(Polo Ralph Lauren)」のスタンダードアイテム・ポロシャツは、ニットの形態でも存在感をいかんなく発揮してくれます。ポロの刺繡にあわせて白のボトムスをチョイスしたら、好印象なサマールックの完成です。

 どこかレトロな雰囲気を漂わせる「サンドロ パリ(Sandro Paris)」のボーダーニット。マルチカラーのストライプで、コーデの幅が広がるのが嬉しいポイント。環境に配慮したビスコース素材でつくられた、エシカルコンシャスな一枚です。

 ニット探しの道中、見過ごすわけにはいかない「ミッソーニ(MISSONI)」。ピンクとグリーンが複雑にからみあった個性派デザインに、“ニットの魔術師”と呼ばれる所以をうかがい知ることができます。かごバッグなどのトレンドアイテムと組み合わせて、軽快に着こなして。

 上質なベーシックをお求めなら、「セオリー(Theory)」がベストマッチかも。洗練されたデザインと素材で、落ち着いた大人の雰囲気をまとえます。環境に優しいリネン、ラミー、テンセル™といったエコフレンドリーな​素材を使用している点も納得の一枚です。

※表示価格は全て各サイトにおける販売価格を反映しています。

※本記事で紹介した商品を購入すると、売上の一部がFASHIONSNAP.COMに還元されることがあります。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング