Beauty スタイル・トレンド

鼻毛エクステ、ウェービー眉毛...注目を集めた「謎トレンド」8選

 2017年の流行語にも選ばれた「インスタ映え」。ファッション・ビューティー業界においても、今年はインスタグラムのフィードで思わず指をとめ、二度見してしまいそうなトレンドが多く登場した一年でした。今回は「ウェービー眉毛」「鼻毛エクステ」「逆アイライン」といった、主にSNSを通じて広まった"謎"なトレンドを集めました。

 

■ウェービー眉毛

 今年の夏に登場し、想像の斜め上を行くインパクトを与えたのが「ウェービー眉毛」。その名の通り、波のようにくねくね歪んだ眉毛に仕上げるメーク術で、Youtubeではハウツー動画も多く公開されました。眉毛の流れをジェルで整えてから、ペンシルで眉の上下に毛を描き足すのがコツ。

【関連】インスタが生んだ謎のトレンド「ウェービー眉毛」に注目

■メンズチョーカー

menschoker-20170104_001-thumb-660x467-633865.jpg

ASOS公式サイトより


 90年代のリバイバルブームの影響もあり、10代〜20代女性を中心に2016年頃からチョーカーが流行し、今ではすっかり定番に。さまざまなタイプが展開されていますが、ファッションECサイト「エイソス(ASOS)」が投入したのは男性用チョーカー。新鮮なルックに、ツイッター上では「チョーカーは女性だけのものではない」「どうか流行りませんように」など、賛否の声も含めて話題にのぼりました。

 ちなみに2017年春夏シーズンでは「ルイ・ヴィトン」や「グッチ」などハイブランドも、チョーカーを着用したルックをメンズコレクションで発表しています。

【関連】今年はメンズ向けチョーカーが流行る?ASOSが発売し話題

■逆アイライン

右目?左目?「逆アイライン」は、左右逆の方向に引いた"だまし絵"のようなアイライン。取り入れるには高度なメークスキルが必要になりそうです。逆アイラインに限らず、常識にとらわれずアートのように自由にアイメイクを楽しむ人が増えているようです。

■鼻毛エクステ

 「インスタ映え」ブームに沸いた2017年ですが、このトレンドは衝撃的という意味では最大級かもしれません。二度見レベルも高いであろう「鼻毛エクステ」。つけまつげを専用の糊で鼻の穴の内側に貼り付けることで、比較的簡単に真似することが可能です。

■フェザー眉毛

 今年はアイブロウの新たなトレンドが豊作。フェザー(羽根)のような眉毛もその一つです。分け目をつけて上下に分け、ふさふさな質感を出すのがポイント。

■Tバックジーンズ

thongjeans_inside.jpg
(左)「ティボー」が発表したジーンズ/(右)「Yandy」が発売したハロウィンコスチューム


 「謎トレンド」には日本発信のトピックも。東京発のブランド「ティボー(thibaut)」が10月に東京ファッションウイークで発表した2018年春夏の新作ですが、ダメージジーンズの究極とも言える大胆なデザインが注目され、「thong jeans(Tバックジーンズ)」と名付けられてSNSで拡散。VogueやDaily Mailなど複数の海外メディアで取り上げられたほか、ランジェリーブランド「Yandy」からはオマージュ商品まで登場しました。

【関連】東京発"Tバックジーンズ"が海外で話題に、すでにオマージュ商品も

■コンマヘア

 「シースルー前髪」や「逆さハート型前髪」など、数々のヘアトレンドを発信してきた韓国。今年は句読点の「,(=コンマ)」をイメージしたヘアスタイルが誕生しました。少女時代のテヨンなど人気タレントがコンマヘアの自撮りをSNSに投稿したことをきっかけに、人気に火がついたようです。

【関連】「コンマヘア」が韓国で人気 シースルー前髪に続くか

■「イケア」風デザイン

a_05-19-17-15-02-20170519_004-thumb-490xauto-721762.jpg

バッグは「イケア」


 「バレンシアガ(BALENCIAGA)」が、2017年春夏コレクションでイケアの青いショッピングバッグ「FRAKTA」風のレザーバッグを発表したことをきっかけに"イケア風"のデザインがストリートを席巻。本物のFRAKTAバッグを普段のスタイルに取り入れるだけではなく、トレーナーやパーカなどのアパレルXmasツリーオーナメントiPhoneケースキャップなどなど、FRAKTAバッグを彷彿とさせるアイテムが多く登場しました。

 ちなみにイケアは、バレンシアガのオマージュが話題になった後、「本物のIKEA FRAKTAバッグの見分け方」と題したビジュアルを制作。ユーモアのある粋な返しとして注目を集めました。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング