Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion ギークへの道

【コンビニTシャツ徹底比較 -2- 】ミニストップ、ローソンストア100、ファミリーマート編

Image by: FASHIONSNAP.COM

 全3回に渡りコンビニTシャツを徹底分析する本企画。第二回は「ミニストップ・ローソンストア100・ファミリーマート系列」の白Tシャツを検証します。

 

【チェック項目】

今回、検証をするにあたって各コンビニで買った基準はクルーネック、メンズMサイズ、色はホワイト。
チェック項目は以下です。

【サイズ変化】
数回使用することを考え、下記の条件でサイズを計測

1 - 購入時のサイズ(未洗濯)
2 - 1度洗濯した場合
3 - 2度目の洗濯後、30分間乾燥機にかけた場合

【チク透け(乳首透け)レベル】
男性にとってTシャツ選びの重要ポイントでもある"乳首透け"を評価した独自指標

1 - 全く透けない
2 - やや透ける
3 - 結構透ける
4 - かなり透ける

>>【参考記事】チク透けレベル1の「チャンピオン(Champion)」のTシャツ

この2つの項目と私的な感想を入れました。
それでは第2回へ!

こだわりディテール【ミニストップ】

ministop5-1.jpg ミニストップでは、片倉工業のTシャツが売られています。価格は税込734円で、サイズ展開はM・L・LLの3サイズ展開。

1 - 【購入時のサイズ(未洗濯)】

ministop2-2.jpg

ministop3-2.jpg ファミリーマート系列で販売されている無印良品、デイリーヤマザキのヘインズと並び袖丈が19cmと長めの作り。ピックアップしたTシャツの中で唯一の横割り仕様でした。また、タコバインダー処理が首元だけで両肩にはないため、肩のステッチはシンプルでミニマルなデザインとディテールにこだわりを感じます。生地の表記は綿100%のベトナム製で、柔らかめの肌触り。アイロンを当てると他のものと比べてシワが伸びやすい印象でした。少し透け感があるので、チク透けレベルはやや透ける「2」

2 - 【1度洗濯した場合】

ministop2-15.jpg

 洗濯後は身幅が2.5cm縮みました。他は大きな変化がなく、肌触りが少し柔らかくなります。

3 - 【2度目の洗濯後、30分間乾燥機にかけた場合】

ministop2-16.jpg 2度目の洗濯後、30分間乾燥機をかけると購入時の状態と比べて、首回りが8cm、着丈が6cm、肩幅が4cmなど全体的に大きく縮みました。着用すると首がつまり、ボディも引き締まった印象を受けます。

【サイズチャート】

【その他のサイズ】
首回り:①43cm→②41cm→③35cm
袖口横幅:①16.5cm→②15cm→③15cm
首リブ:①2cm→②2cm→③1.6cm
袖リブ:①2.5cm→②2.5cm→③2.2cm

【感想】

 肩のステッチや横割り仕様など、Tシャツマニアが興味を持ちそうなこだわりディテールを搭載した一着。アイロンを当てたときにシワが伸びやすいと感じたので、出張先では便利かもしれませんね。

衝撃の108円!【ローソンストア100】

100loson2-1.jpg 100円の商品を中心に展開するローソンストア100では、日本ニット中央卸商業組合連合会のTシャツを販売。価格は衝撃の税込108円で、M・L・LLの3サイズ展開です。

1 - 【購入時のサイズ(未洗濯)】

100loson2-2.jpg

100lowson3-2.jpg 全体的に小さめの作りで、身幅、着丈、袖丈がピックアップしたものの中で最小。袖口は最大の36cmでした。ミニストップのTシャツと同じくタコバインダー処理は首元だけ。重さは最軽量の67gで、生地はかなり薄めです。問答無用の透け感で、チク透けレベルはもちろんかなり透ける「4」。コンビニTシャツの中で最も透け感がありました。

2 - 【1度洗濯した場合】

100loson2-14.jpg もともと着丈がかなり短いので全体的なシルエットはかなり歪に見えます。洗濯すると少し縮みましたが、そこまで大きな変化はありませんでした。

3 - 【2度目の洗濯後、30分間乾燥機にかけた場合】

100loson2-15.jpg 2度目の洗濯と乾燥機をかけると全体的に大きく縮みました。大きく影響が出たのは着丈で購入時の状態から9.5cm短くなり、腰ぐらいまであった丈が、へそ上ぐらいになります。こ、これは。。。

【サイズチャート】

【その他のサイズ】
首回り:①41cm→②41cm→③33cm
袖口横幅:①18cm→②18cm→③17cm
首リブ:①2.5cm→②2cm→③2cm
袖リブ:①2.5cm→②2.5cm→③2.2cm

【感想】

 まずはじめに、108円という衝撃。ファミマが1日用パンツを150円で発売したことで話題になりましたが、それよりも安いです。「絶対に108円で売るぞ!」と壮絶な営業努力を勝手に感じてしまいました。スペックは、ツッコミどころ満載ですが気になったのは透け感と縮み。乾燥機にかけると着丈などがかなり縮むため気をつけましょう。いや、しかし、よくこの価格で作れましたね。

リラックスシーンの本命【ファミリーマート系列】

familymart5-1.jpg ファミリーマート・サークルK・サンクスで販売しているのは無印良品のオーガニックコットン半袖Tシャツ。価格は税込660円で、サイズはM・L・XL展開です。

1 - 【購入時のサイズ(未洗濯)】

familymart5-2.jpg

familymart3-2.jpg コンビニTシャツの中で身幅と袖丈が最長でゆったりとしたシルエット。首回りは、リーベンハウスのB.V.D.と同じく40cmと引き締まっていました。デイリーヤマザキのヘインズと同じく首元に洗濯表示や、サイズ、素材などを記載しているためボディにタグはありません。生地はオーガニックコットンを使用。表記はボディがコットン100%で、リブはコットン80%とポリエステル20%の中国製でした。重さはローソンストア100のTシャツに次ぐ、100gと軽めで、少し伸縮性があります。透け感が目立つためチク透けレベルは結構透ける「3」。同じチク透けレベル3のデイリーヤマザキのヘインズよりも少し透けているように感じました。

2 - 【1度洗濯した場合】

familymart2-12.jpg

 一度洗濯をしても、そこまで大きな変化はありませんでした。

3 - 【2度目の洗濯後、30分間乾燥機にかけた場合】

familymart2-13.jpg 2度目の洗濯のあと乾燥機をかけると初期状態から、身幅が4cm、着丈が6cm、肩幅が3cm、袖丈が2cm、首回りが3cmと全体的に縮みました。着用すると特に首回りの詰まりと袖丈の短さが気になりました。

【サイズチャート】

【その他のサイズ】
首回り:①46cm→②44cm→③40cm
袖口横幅:①15cm→②15cm→③15cm
首リブ:①1.3cm→②1.3cm→③1.3cm
袖リブ:①2cm→②2cm→③1.8cm

【感想】

 柔らかい軽めの生地でフワッとした着心地が特徴。優しい肌触りのTシャツという印象でした。ソフトなニュアンスが好きな人にはたまらない感じ。寝巻きなどのリラックスしたい時に使用するのがおすすめです。

次回は、まとめ。今まで紹介した7社をランキングで紹介します!

最新の関連記事

おすすめ記事

見逃し記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング