(左から)「ZOZOHEAT COTTON」「ZOZOHEAT」
Image by: FASHIONSNAP.COM

Fashion フォーカス

新素材、こだわりの縫製、"自分サイズ"の着用感は?話題の「ZOZOHEAT」試着レビュー

(左から)「ZOZOHEAT COTTON」「ZOZOHEAT」
(左から)「ZOZOHEAT COTTON」「ZOZOHEAT」
Image by: FASHIONSNAP.COM

 ZOZOのプライベートブランド「ゾゾ(ZOZO)」が今月6日に発売した新商品「ZOZOHEAT」。1,000以上のサイズ展開やこれまでにない新素材などが売りとのことですが、すべては実際に着用してみないとわからない。。。ということで新人記者Hが早速購入し、試着してみました。

ZOZOHEATとは?

 ZOZOHEATはゾゾ初の機能性インナー。新素材として高品質メリノウールとテンセル™モダールを使用し、高い伸縮性と吸湿発熱性を実現しているほか、ウール特有のチクチク感を軽減しています。最大の特徴は1,000以上から選べる"自分サイズ"。ゾゾの採寸用ボディスーツ「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」で蓄積したデータを活用し、バストからウエスト、着丈や袖丈までぴったりなサイズで身体と衣服の隙間を無くした"暖かさを逃さないインナー"を打ち出しています。その機能性は「ユニクロ(UNIQLO)」のヒートテックにも劣らないのだとか。

 生地は通常タイプと綿95%配合のCOTTONタイプの2種類を用意。ウィメンズでは「Uネック」と「バレエネック」、メンズでは「クルーネック」と「Vネック」のデザインをラインナップしています。

 

ZOZOSUITを持っていない人もオーダー可能

 ZOZOのPB商品は購入前に採寸用ボディスーツ「ゾゾスーツ(ZOZOSUIT)」による計測が基本的に必要ですが、ZOZOHEATはこれまで蓄積してきたデータを基に、身長や体重、年代、性別、バストサイズ(トップ、アンダー)を記入することで、ゾゾスーツを持っていなくても購入ができます。推奨サイズから胸囲3cm単位、着丈4cm単位、袖丈3cm単位で調整も可能。今回は通常タイプの「Uネック」と、コットンタイプの「バレエネック」の2型をサイズ調整せずに購入してみました。商品は通常配達でオーダーから2日ほどで到着。

■試着者・新人記者Hプロフィール
身長:165cm
性別:女性
体型:普通体型
とても寒がり。厚着でずんぐりむっくりにはなりたくないため、機能性インナーは手放せない。冬場はユニクロのヒートテックを愛用。

 

早速開封、試着してみました

■通常タイプ「Uネック」

・素材:アクリル48%、レーヨン44%、ウール5%、ポリウレタン3%
・価格:990円

・パッケージデザイン

「ZOZOHEAT」パッケージデザイン

 メタリックな素材に雄大な雪山の写真がプリントされていて、大地の力強さのようなものが感じられます。従来のインナー商品とは異なる真空パッケージです。

・肌触り

ZOZOHEAT

 ヒートテックは少しツルツルとした触り心地ですが、ZOZOHEATはふんわりと柔らかな肌触り。

首元の洗濯表示

 洗濯表示のプリントには胸囲や着丈、袖丈の数値が記載されていて、"自分用"という感じがします。

・厚さ
 通常のヒートテックより若干厚みがあり、生地がしっかりしている印象。フィット感の強いトップスだと少し響いてしまうかもしれません。

・着用感

着用画像正面

着用画像背面

 お分かりでしょうか?前身頃は身体に沿っていますが、背中側に少したるみが出ました。吸い付くようなフィット感に期待していたので、少し残念。姿勢は良い方なので、そのせいもあるかもしれません。袖丈はヒートテックの8分袖タイプと同じくらいの長さでしょうか。重ね着の際にはみ出さないよう考慮したサイズ感にしているとのことです。

・感想
 個人的にはふんわりとした柔らかな着心地がとても気に入りました。肩や胴の縫い代が表側になるように縫製されているので、ザラつきやゴワつきがなく、ストレスフリーで動きやすかったです。洗濯表示のタグも首元にプリントされているのでカサカサしません。残念ながらZOZOHEAT最大の特徴とされているサイズは「ぴったり」とは言えませんでしたが、洗濯すると変わるかもしれません。

 気を取り直してバレエネックの「COTTONタイプ」も着用しちゃいましょう!

 

■COTTONタイプ「バレエネック」

・素材:コットン95%、ポリウレタン5%
・価格:1,290円

・パッケージデザイン

「ZOZOHEAT」COTTONタイプ パッケージデザイン

 COTTONタイプには綿花の写真がプリントされています。

・肌触り

COTTONタイプの縫い目(内側)

 コットンが95%なので、ふわふわ感は変わらずですが通常タイプよりももっちりとした触り心地です。COTTONタイプでは、ベビー服の縫製を参考に、縫い目が肌に当たらないように仕上げられているので刺激が少なく、冬の乾燥肌や敏感肌の方にも良さそうです。

・厚さ
 通常タイプよりも厚めですが、裏地に起毛等は特にありません。

・着用感

着用画像正面(COTTONタイプ)
着用画像背面(COTTONタイプ)

 通常タイプよりも若干袖が長めに感じられました。こちらの方が先ほどに比べてフィット感があり、袖は吸着するような着心地。こ、これが自分サイズか!

・感想
 着用感はCOTTONタイプの方がフィット
しました。肌触りは通常タイプと同様にふんわりと柔らかく、肌に引っかかる感じやカサつきもありません。しっとりとした着心地が◎でした。

次のページは>>しまむら、イオンなど…競合他社のインナー商品をまとめてみた

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング