2010-11AW

beautiful people

 

 デザイナー熊切秀典氏が手掛ける「beautiful people(ビューティフル ピープル)」のJFW「東京コレクション・ウィーク」参加2シーズン目。2010年3月26日15時より、東京ミッドタウン・ホール Hall Bにて2010-11年秋冬コレクションを発表した。

 コレクションテーマは村上春樹の長編小説「ノルウェイの森」。キャメル100%のニットやシルクのモールスキンなど素材にこだわり、大人と子供が共有できる「キッズシリーズ」や、男性と女性が共有出来る「ボーイズライン」が更に充実。上質素材のアイテムをあえて着崩すようなスタイリングが心地よい。

 ショーの招待状には「3Dメガネ」が封入されており、観客はこれを手に会場入り。テーマである「ノルウェイの森」のカバーが、上巻は赤、下巻は緑であることから「3Dメガネ」の発想が浮かんだという。ラストシーンではBGMがポップに変化し、この「3Dメガネ」をかけたモデル達が登場すると、観客もみな一斉にメガネを着用。ウェアに施された特殊プリントや刺繍は、メガネを通してみると人物の顔やメッセージが浮かび上がるという、ユーモラスな仕掛けが用意されていた。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング