PERSON

Hidenori Kumakiri

デザイナー

熊切秀典

Hidenori Kumakiri

「ビューティフルピープル」デザイナー熊切秀典に聞く12の質問

「beautiful people」のロゴテープ
「beautiful people」のロゴテープ
パターンルームの生地棚
パターンルームの生地棚

卒業校は?

文化服装学院。

―デザインや服作りをどこで学んだ?

「コム デ ギャルソン(COMME des GARCONS)」のメンズで学んだ、普遍的で徹底的な物つくりの姿勢と、編み物の先生をしていた母親から学んだ、試行錯誤しながらDIYで誰かのために作るニット。その二つの影響が大きいと思います。

―デザイナーになろうと思った理由は?

文化の学生の頃は、自分に何が出来るのか?将来どうなるのか?なんてわからなかったですが、就職し洋服作りが仕事になった頃から、本当にやりたい事は自分自身でブランドを立ち上げデザイナーになる事だと気づきました。

―尊敬している人は?

haruki murakami。

―好きな色は?

黒。ビューティフルピープルのTシャツの黒は本当に深い黒なので、Tシャツを見てもらえば、僕が黒を好きな理由がわかると思います。

―デザイナーとして大切にしていることは?

品質と創造性とデザインの完成度 その3つを高いバランスで成り立たせることです。

―人間として大切にしていることは?

考えるという事。

―もし1年間自由になれたら何をする?

僕にとってはデザインや考え事をしている時が、一番自由を感じる時間ですので、デザインをしていると思います。

―好きな場所は?

東京とパリ。パリでコレクションを発表するようになってからは、よりパリが好きになりました。

―デザイナーにならなかったら何になっていると思う?

パタンナー。

―デザイナーという仕事を一言で表すと?

DIY。

―デザインする時に気をつけていることは?

そのデザインをする意味、そのデザインの可能性、そのデザインが人に与える影響など、今の自分の実力で考え得る全ての事を、端から端まで検証する事。

Profile

プロフィール

Kumakiri Hidenori熊切秀典デザイナー

1974年神奈川県生まれ。1998年に文化服装学院アパレル技術科を卒業し、「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」で経験を積んだ後、2004年に独立。外注でパターンを請け負う有限会社エンターテイメントを立ち上げる。2007年には、文化服装学院の同級生である戸田昌良らと共に「ビューティフルピープル」をスタート。

About Brand

ブランドについて

記事のタグ

News

熊切秀典に関連するニュース

ビューティフルピープル熊切秀典やワークマンプラスが受賞、2020年度「毎日ファッション大賞」の表彰式開催

 2020年度「第38回毎日ファッション大賞」の表彰式が11月18日の今日、恵比寿のEBiS303で開催された。大賞は「ビューティフルピープル(beautiful people)」を手掛ける熊切秀典、新人賞・資生堂奨励賞は「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」のデザイナー横澤琴葉、鯨岡阿美子賞はファッション甲子園実行委員会、話題賞は「ワークマンプラス(WORKMAN Plus)」が受賞。表彰式では横澤琴葉が、テキストレーターのはらだ有彩をゲストに迎えたトークショーとプレゼンテーションを行った。

Fashion /

「人の感情を掻き立てるようなデザインに」ビューティフルピープル新ブランドがデビューコレクション披露

 「ビューティフルピープル(beautiful people)」が、ワイデン+ケネディ トウキョウ(W+K Tokyo 以下、W+K)とタッグを組んだ新ブランド「ビューティフルピープルフィールズ(beautiful people feels)」のファーストコレクションを展示会で披露した。アイテムは10月21日にブランドのオンラインストア限定で発売する。 ビューティフルピープルフィールズでは「人の感情を掻き立てるようなデザイン」をコンセプトに掲げ、人が持つあらゆる感情とリンクした商品を販売。W+Kはブランドロゴや商品のイラスト、デザイン、プロダ...

Fashion /

熊切秀典

ビューティフルピープル熊切秀典が「第38回毎日ファッション大賞」大賞受賞、話題賞はワークマンプラス

 2020年度「第38回毎日ファッション大賞」の各受賞者が発表された。大賞は「ビューティフルピープル(beautiful people)」を手掛ける熊切秀典、新人賞・資生堂奨励賞は「コトハヨコザワ(kotohayokozawa)」のデザイナー 横澤琴葉、鯨岡阿美子賞はファッション甲子園実行委員会、話題賞は「ワークマンプラス(WORKMAN Plus)」が受賞した。表彰式は11月18日にEBiS303で開催する予定。 熊切は1974年神奈川生まれ。「コム デ ギャルソン(COMME des GARÇONS)」のパタンナーを経て2007年にビューティフルピープルを立ち上げた。2011年に初の旗艦店を青山に出店...

Fashion /

Inside

熊切秀典に関連する特集・連載

ビューティフルピープル 2022年スプリングコレクション

ビューティフルピープルが提案する"多様な一着" 上下・左右・男女で着られる2022年スプリングコレクション

 熊切秀典が手掛ける「ビューティフルピープル(beautiful people)」が、プレコレクションにあたるシーズンとしては初のランウェイショーを東京で開催した。2022年スプリングコレクションのテーマは「MORE IS LESS」。

Fashion /

ビューテフルピープル2021-22年秋冬コレクション

ビューティフルピープルが国内でショー開催、男女がまとう「ダブルエンド」で魅せた"逆さの美"

 熊切秀典が手掛ける「ビューティフルピープル(beautiful people)」が、2021-22年秋冬コレクション「SELF-LOVE-LIVE」のショーを渋谷ヒカリエで開催した。ブランドにとって国内でのショーは約4年ぶりとなり、楽天のファッションブランド支援プロジェクト「バイアール(by R)」の枠組みで実現。ショーに先駆け、パリファッションウィーク期間中に発表されたデジタルショー「SELF-LOVE-MOVIE」で登場したピースに、新たな新作が加わった。

Fashion /

上下をひっくり返して着る「ビューティフルピープル」21AW 独自の服作りが進化

 今シーズンのパリ・デジタル・ファッションウィークには、90を超えるブランドが参加している。その中で、服の構造=パターンをクリエイションの軸に据えるブランドは少ない。熊切秀典が手掛ける「ビューティフルピープル(beautiful people)」は、3年前に相反する物を共存させるためのデザイン技法とプロセス=Side-C(サイド-C)を提唱して以来、西洋が定義した"服飾パターンの常識"を更新し続けている。 (文:ファッションジャーナリスト 増田海治郎)

Fashion /

ビューティフルピープル 2021年フォールコレクション

上下逆さ、1着で2つのデザイン 「ビューティフルピープル」が提案する新しい服作り

 「ビューティフルピープル(beautiful people)」が発表した2021年フォールコレクションのテーマは「ダブルエンド(double-end)」。上下を逆さに着ると全く異なるシルエットになり、相反する要素が共存する服を発表した。

Fashion /

Collection

熊切秀典に関連するコレクション

Post

熊切秀典に関連するポスト

Street Style

熊切秀典に関連するスナップ

Ranking Top 10

アクセスランキング