2010SS

beautiful people

 

 JFW初参加の「beautiful people(ビューティフル ピープル)」2010年春夏コレクション。今回、男性と女性が共有できるという、初の"ボーイズ ライン"がデビューした。

 ショーの舞台は、ジミ・ヘンドリックスが名演した、伝説のウッドストックの終演後をイメージ。ドレスダウンをキーワードに、ラグジュアリーな素材をあえてカジュアルな風合いに加工したり、オーソドックスなアイテムに光沢感を与えたりと、素材やパターンに拘りつつ、それらを着崩すという絶妙な仕立てを試みた。「僕らがアメリカンカジュアルをやるとこうなる、というものを見せたかった」とデザイナーの熊切秀典氏。ジャケットやシャツ、ニットなど、定番のアメカジアイテムやくすんだ色合いのスタイリングも、キラキラとした新鮮な表情に。

 今回、初登場した注目の"ボーイズ ライン"は、160cm程のサイズ感で、大人の女性が着ると少しゆるめでマニッシュな雰囲気に、男性が着ると少し小さめでタイトなスタイルにと、着る人によって全く違った表情を見せる。大人と子供が共有できる、大人気の"キッズシリーズ"に続き、話題のシリーズとなりそうだ。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング