2020 Spring Collection ミラノ

BOTTEGA VENETA

 「ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)」がミラノで発表した2020年スプリングコレクション。クリエイティブ・ディレクターのダニエル・リー(Daniel Lee)が手掛ける4シーズン目(ショーは2回目)は大胆でワイルドさの中にある繊細さを表現。ウィメンズのウェアはソフトでジェントルながら、体のシェイプに沿ったり、少しずらしたりしてプロポーションで遊んだようなシルエットや、ダニエルが"どの女性も美しく見える"という体の部位、デコルテを見せるような襟ぐりや背中が大きく開いたセンシュアルなデザインが多く登場した。またアイコニックな編み込みの「イントレチャート」をニットドレスやスカートのデザインに応用。また、ブランドのボキャブラリーを増やしていきたいというデザイナーは、新たにノット(結び目)や"ねじり"、トライアングルモチーフなどをアイテムに挟み込んでいる。カラーパレットはブラックやチョコレート、キャメル、「タピオカ」と名付けられたベージュ、それらの色とも相性の良いオレンジやパステルブルーのアースカラーで構成。アクセサリーは「ザ・アルコ」やショルダーのイントレチャートのバッグを拡大したようなビッグサイズのものや、石や木など自然素材を実際に使用しモチーフにしたクラッチ、特にぷっくりとしたキルティングが特徴のパテッドシューズはさらに細かいキルティングで仕上げられ、ねじりが加えられたりカラーのバリエーションも豊富に展開された。

Image by: BOTTEGA VENETA

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング