2011-12AW

IN-PROCESS BY HALL OHARA

 2011年4月15日、スティーブン・ホールと大原 由梨佳のデザイン・デュオ手掛ける「IN-PROCESS BY HALL OHARA(イン-プロセス バイ ホール オーハラ)」が、東京・六本木で2011-12年秋冬コレクションを発表した。

 今シーズンのテーマを"ANOTHER ART DECO(=もうひとつのアールデコ)"とし、"DISTORTED LOGIC(=ゆがめた道理)をコンセプトにアシンメトリーなルックを披露。柔らかいグリーンにブラックを合わせたカラーパレットが特徴となっており、ブランドのシグネチャールックであるキモノ・スリーブなどを取り入れている。アールデコを表す幾何学プリントや異素材のパーツを組み合わせたウェアのほか、シーズンテーマに沿うよう"表"と"裏"(物事のもう一つの側面)を示す意味合いでジャケットを裏返した様なデザインを展開。オーバーサイズのトップスやサルエルパンツでリラックス感のあるコレクションを提案した。東北地方太平洋沖地震の発生を受けて、デザイナー大原氏は「被災地の方々を見て、自分たちも前向きに取り組みたいと感じた」とコメントしている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング