2012-13AW

minä perhonen

  デザイナー皆川 明(みながわ あきら)が手がける「minä perhonen(ミナ・ ペルホネン)」による2012-13年秋冬コレクション。「手で物をつくるということがとても愛おしい時間にかんじるようになりました」という皆川は、テーマに「手」を掲げ、1枚の絵を描くように一つ一つの図案をおこした。東欧の旅から得たイメージが混ざったモチーフは、森の中で共存しているさまざまな動物や、マトリョーシカ、蝶や花が描かれた刺繍のタイルなど。素材は、ヴェルヴェットの可能性を追求し、静寂の中で温もりを感じさせる服に仕上げている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング