2010SS

support surface

 

 9月2日、デザイナー研壁宣男氏が手掛ける「support surface(サポート サーフェス)」の2010年春夏コレクションが披露された。

 テーマは「Reverberations -ほのかな余韻-」。ペールトーンの様々な質感の素材が、秀逸な布使いとカッティングにより、優しさだけではない、モダンで凛とした表情も見せた。柔らかさやゆるさを、シャープなパネルラインやベルト使いが引き締めている。

 素材感と色の調和の中に感じるさわやかな色気。風のようになびくエレガンス。これこそが"余韻のある服"だと研壁氏は語る。

関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング