プロが選ぶ、2017年ファッション業界で活躍が期待される人

 ファッション業界にとって2017年はどんな年になるのか?今回、FASHIONSNAPでは「2017年ファッション業界で活躍が期待される人物」について業界で働く現場のプロ達にアンケート調査を実施。2017年ファッション業界の最前線での活躍が期待される9名を公開する。

今回のアンケートについて
デザイナーやバイヤー、プレスなど業界関係者238名に「2017年ファッション業界で活躍が期待される人」と「なぜその人を選んだのか」についてアンケート調査を実施。上位9名を投票数が多かった順に紹介する。

黒河内真衣子(mame)

mainichifashionaward-20141104_017-thumb-660x440-333740.jpg

2017年春夏コレクションでは初となるシューズやランジェリーを発表するなど、独自の世界観を広げ続けている「マメ(mame)」。刺繍やレースなど繊細なディティールを用いたアイテムが魅力で、プロからは「一過性ではない作りを感じさせる服、気品ある服を作り続けている」などクリエーションが高く評価され、票数を伸ばした。また「コレクションに参加したら、一気に知名度も広がると思う」という2014年度「毎日ファッション大賞」以来のショー開催を期待する意見も。

落合宏理(FACETASM)

facetasm-interview-20131028_017-thumb-660xauto-241508-thumb-660xauto-612626.jpg

日本のファッション業界で最も影響力があると思う人」調査でもランクインした落合宏理氏は、2017年も活躍が期待される注目人。「ファセッタズム」だけでなく「コンバース トウキョウ ワン(CONVERSE TOKYO ONE)」のデザインを手がける他、「香港ヤング デザイナーズコンテスト(YDC)2016」のVIP審査員を務めるなど、デザイナーとしての活動は多岐に渡る。「第3回 LVMH Young Fashion Designers Prize(LVMHプライズ)」のファイナリストに日本人で初めて選出されたことなどを理由に、アンケートでは「伸び盛り」という意見がみられた。

谷正人(TOKYO BASE 代表取締役CEO

tokyobase_tani_interview-20160527_001.jpg

今年会社名を「ステュディオス」から「TOKYO BASE」に変更し、上場してから株価も順調に推移。セレクトショップ「STUDIOUS」に加え、大人に向けたハイエンドセレクトショップ「ステュディオス トウキョウ(STUDIOUS TOKYO)」やウィメンズ向けハイエンド業態「ステュディオス シティ(STUDIOUS CITY)」など新規事業にも力を入れている。1983年生まれの若き経営者 谷正人氏は香港への出店も明言しており、会社初の海外出店に業界からも注目を集めている。

高橋ラムダ(スタイリスト)

ramudakk20170112.png

スタイリスト白山春久氏に師事後独立。現在はファッション誌やアーティスト、タレントの衣裳をはじめ、「ピガール(PIGALLE) 」や「ユリウス(JULIUS)」などパリコレクションのスタイリング、メンズ・ウィメンズを問わずカタログも手掛け、最近ではアパレルの企画もスタートしている。

長畑宏明(「STUDY」編集長)

nagahata-20170106_001.jpg

2014年にインディペンデントでファッション雑誌STUDYを創刊した1987年大阪府生まれの編集者。現在はライターとしてTHE FASHION POST、SILLYにも参加し、昨年はシャムキャッツのMVをプロデュースするなど、編集業の枠を押し広げながら活動中。

中里唯馬(YUIMA NAKAZATO)

yuima20170110.jpg

今年パリで開催されるオートクチュールコレクションに参加した「ユイマナカザト(YUIMA NAKAZATO)」。オートクチュールコレクションは「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S」でも披露された。2017年1月にゲームや動画の配信大手DMM.comが協賛し、2度目となるパリオートクチュールコレクションに参加する。

入江陽子(スタイリスト)

irie20170110.jpg

長瀬哲朗氏のアシスタントを経て2013年独立し、現在はトロンマネージメント(TRON management)に所属する入江陽子氏。NYLON JAPANやGINZA、PERKなどで活躍しており、「イン( IHNN)」や「ショウ クラシナ(SHO KURASHINA)」など若手ウィメンズブランドのルックのスタイリングも担当した。

服部昌孝(スタイリスト)

hattori-20170106_001.jpg

猪塚慶太氏に師事し、2012年に独立した服部昌孝氏は、メンズ、ウィメンズ問わず、エディトリアル、ブランドビジュアル、ランウェイ、アーティスト等様々なジャンルで活動。2017年春夏「Amazon Fashion Week TOKYO 2017 S/S」において「ウミット ベナン(Umit Benan)」と「ベッドフォード(BED j.w. FORD)」のスタイリングを手掛けた。



井野将之(doublet)

ino20170110.jpg

「コレット(colette)」や「ドーバー ストリート マーケット(DOVER STREET MARKET)」、「10 Corco Como」などで有力店での取り扱いがスタートした「ダブレット(doublet)」。2017年はアマゾン ファッション ウィーク東京(Amazon Fashion Week TOKYO)で初の単独ショーを行う予定で、「今最も東京を体現するブランド」という声も挙がっている。


【関連】プロが選ぶ、日本のファッション業界で影響力のある人