;

スタートトゥデイがフリマ事業を新設 フリマアプリに参入か

追加情報:

【4/30 Update!】2016年3月期中にサービスの提供を開始予定。

 スタートトゥデイが4月30日、フリマ事業を新設することを発表した。商品取扱高は35億円を目標に掲げる。

 スタートトゥデイの事業区分はモール事業と自社EC支援事業に分かれていたが、受託ショップと買取ショップおよびZOZOUSEDで構成するZOZOTOWN事業、BtoB事業、新たに立ち上げるフリマ事業に再編。同社はファッションコーディネートアプリ「WEAR」とネット通販の「ZOZOTOWN」の間で相乗効果が上がっており、これらのプラットフォームを拡大させるための多角的なサービスの一つとして、フリマ事業に参入するようだ。

 インターネットを通じたフリマ市場は拡大しており、フリマアプリ利用者の約6割が使ったことがある(MMD 研究所調べ)という「メルカリ」をはじめ、ファッションに特化した「フリル(Fril)」、大手企業ではLINEの「ラインモール(LINE MALL)」や楽天の「ラクマ」などがある。「メルカリ」はヤマトと提携したことで全国一律の発送料金を導入するなど、各社サービスの拡充を図っている。