;

全262店舗「ららぽーと海老名」10月開業 髙島屋のSC向け新業態やフレトー専門店など出店

外観イメージ
外観イメージ
画像: 三井不動産

 三井不動産が、駅直結のリージョナル型ショッピングセンター「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」の開業日を10月29日に決定したことを発表した。「Feel Urban , Feel Community」を施設コンセプトに、新業態を含めた262店舗が出店する。

 小田急小田原線、相模鉄道本線、JR相模線の3路線が乗り入れる海老名駅と新設の連絡デッキで直結する「三井ショッピングパーク ららぽーと海老名」は、都市型ショッピングスタイルとコミュニティの両方を兼ね備え、3・4階には、空間デザイン、ショップ、イベントを複合的に組み合わせたセントラルゾーン「EBICEN(エビセン)」を設置。ディナータイムにはアルコールやおつまみも提供するフードコート「エヴィーバ!(EVVIVA!)」、スーパーマーケット「ロピア」を核に新たな食スタイルを提案する食物販ゾーン「エビナ フード セレクション(EBINA Food Selection)」、東京おもちゃ美術館などが共同で手がけたキッズプレイエリア「ウッドキューブ(Wood Cube)」も施設内に設ける。

 店舗部分は4フロア約54,000平方メートルで、テナントはファッションが100店舗、キッズ・子育て関連が12店舗、雑貨・サービスが88店舗、レストラン・カフェが18店舗、フードコートが11店舗、スーパーマーケット・食物販が33店舗で構成。コスメやファッション・ライフスタイル雑貨をニューファミリー層の女性向けに編集しベーカリーカフェも併設した髙島屋の新サテライトショップ「TAKASHIMAYA Style Maison」や、1846年に創業したスウェーデンのテキスタイルメーカー「アルメダールス」の国内1号店、クロスカンパニー主力ブランドの大型店「アースミュージック&エコロジー リビングストア」、神奈川県内初出店の「ナノ・ユニバース フラメント クオレ」、福岡発のアメリカンテイストなフレンチトースト行列店「Ivorish」のSC1号店などを導入する。

■三井ショッピングパーク ららぽーと海老名
 所在地:神奈川県海老名市扇町13番1号
 敷地面積:約33,000m2
 構造規模:店舗棟 鉄骨造4階建、駐車場棟 鉄骨造6階建
 延床面積:約121,000m2(約36,660坪)
 店舗面積:約54,000m2(約16,300坪)
 店舗数:262店舗
 駐車台数:約1,800台
 営業時間:物販・サービス 10:00~21:00
      フードコート・レストラン 11:00~23:00
      ※一部店舗では営業時間が異なる場合あり

ホームページ