;

自作の"生地の柄"を販売できるファブリックマーケット「HappyFabric」15年秋にオープン

サイトより
サイトより
画像: OpenFactory

 クリエイターのファブリックデザインを販売するサービス「HappyFabric」が、ファブリックデザインの登録受付をスタートした。サービス開始は2015年秋を予定している。

 「HappyFabric」は、原宿の印刷工場「HappyPrinters」を運営するOpenFactoryが展開。クリエイターがデザインした柄やパターンをデジタルプリントで生地に印刷し、1メートルから提供する。クリエイターはマイページでデザインを登録することが可能で、現在はイラストレーターの新見文や渡邊春菜、現代美術アーティストのkanaらが参加している。サービス開始時には7種の生地と100種のデザインを揃える計画だという。