高感度に生まれ変わった「大名古屋ビルヂング」全74店舗が公開

画像: Fashionsnap.com

 大型の開発が相次ぐ名古屋駅前に3月9日グランドオープンする「大名古屋ビルヂング 」のショップ・レストランエリアが関係者らに公開された。三越伊勢丹による新業態の中型ファッションセレクトストア「イセタンハウス(ISETAN HAUS)」を核に、地下1階〜地上5階に全74店舗が出店。旧・大名古屋ビルヂングのDNAと新たな付加価値を融合させることで、名駅エリアで急増するオフィスワーカーだけではなく、高感度の大人の男女が利用する施設を目指した。

 合計6フロアで展開される「大名古屋ビル Shops&Restaurants」は、事業主の三菱地所が東京・丸の内の開発で培った独自のノウハウ(=丸の内スタイル)を取り入れたという。広さ約3,800坪のおよそ4割は「大名古屋ダイニング」といったレストランゾーンで、様々なジャンルの飲食を充実させることで、施設内容をバラエティ豊かに見せている。そのためショップゾーンは「商業施設にしては小ぶり」だが、「核テナントを設けることで特徴づけを行った」といい、三越伊勢丹の協力で高感度なブランドを集積させた。

 テナントには、イセタンハウスの他にも、トゥモローランドによる新コンセプトショップで男女複合業態の「ギャルリー・ヴィー ホワイト(GALERIE VIE WHITE)」、東海エリア初登場の「ポーター クラシック(PORTER CLASSIC)」、ギフト需要やセルフユースに対応する雑貨ショップなど、ユニセックスで利用できる店舗を多く導入。名古屋初出店が6割強に対して、地元の有力ショップも3割を占めており、「クリエイティブ」と「ノスタルジック」の2つの要素を両立させた。

【関連】三越伊勢丹が「イセタンハウス」で新たなビジネスモデル開拓、名古屋から中型ストアを展開

■大名古屋ビルヂング 公式サイト

■商業ゾーン出店テナント
【物販店舗】
※B1F〜2F:イセタンハウス
2F:ギャルリー・ヴィー ホワイト、セーブ カーキ ユナ イテッド、ボンジュールレコー ド、アスペジ、ポーター クラシック、デンハム、フォーティファイブ・アール、ソフ、イル ビゾンテ、レン、マドラス、フェイシャル イン デックス ニュー ヨーク、ディプティック
3F:ネストローブ・ネストローブコンフェクト、エンベロープ、マリメッコ、プライズ、ナカガワ マサシチ ショウテン、オクタホテル、フロイド、リブレット ナゴヤ、ギンザ ナツノ、アーツアンドアン ティークス ミアルカ、アイフィール

【レストランゾーン】
B1F:アンティコカフェアルアビス、石臼挽きそば 石月、浅草 キッチン大宮、New old style 肉そば けいすけ、熟成豚骨ラーメン大名古屋 一番軒、E・A・T 青山、CHARLIE'S、鯛茶福乃、味の牛たん喜助、築地青空三代目、西新宿もうやんカレー、名古屋食堂 コーリーズ、名古屋コーチン親子丼酉しみず、ツバメヤ、非公開
1F:SOLO PIZZA Napoletana、Salt Water by David Myers、YURT
2F:HARBS
3F:黒豚しゃぶしゃぶ 銀座 羅豚、TRATTORIA FRATELLI GALLURA、Rapport、肉や大善、ひつまぶし名古屋備長、和食・酒亭 神田さくま、浪花ろばた八角、宮崎料理 万作、世界のビール博物館、味仙、神戸六甲道・ぎゅんた、山虎、メゾン ルパン ミュラ、RHUBARBE、ワルン プアン サターニー、東京 恵比寿 串亭、ローマ三丁目、レアル grande、九州博多料理 もつ鍋 幸、
5F:タリーズコーヒー

【地下街ダイナード】
シロ、メーカーズシャツ鎌倉、ドトールコーヒーショップ