;

「クロックス」がランウェイに登場 英デザイナー「クリストファー・ケイン」とコラボ

「クリストファー・ケイン」2017年春夏コレクション
「クリストファー・ケイン」2017年春夏コレクション
画像: crocs

 英デザイナー「クリストファー・ケイン(Christopher Kane)」と「クロックス(crocs)」によるコラボレーションシューズが登場した。9月19日にロンドンで開催された「クリストファー・ケイン」2017年春夏コレクションのランウェイで発表され、コラボレーションの意外性から多くのエディターやブロガーがSNSに投稿し話題となっている。

 異色のコラボレーションは、「クリストファー・ケイン」側からのオファーにより実現。「クロックス」の定番アイテム「クロッグ」は今回のコラボレーションのためにマーブル柄がプリントされ、自然石のジビッツ(チャーム)が装飾された。テート・ブリテンで開催されたショーにはグリーン、ブルー、オレンジ、ブラウン計4色のクロッグが登場し、いずれもドレスやファーコートといったアイテムに合わせてスタイリングされた。

 今回のコラボレーションについてクリストファー・ケインは、「マーブル柄の土のような雰囲気が特徴で、自然石を用いることでラグジュアリーの要素を加えた。『クロックス』は、履き心地が最高に良いだけではなく、ユニークな見た目を『アグリー(Ugly)』と捉えられる人もいるところが好き。子供っぽいシルエットならではの、履いた時のチャンキーな見た目は特に気にいっている」とコメントを発表している。