;

ベイクルーズ展開デニムブランド「ボナム」が卸売を開始

2017年春夏のルック
2017年春夏のルック
画像: BONUM

 ベイクルーズが展開するデニムブランド「ボナム(BONUM)」が、2017-18年秋冬シーズンから卸売展開をスタートする。公式インスタグラムを通して商品を紹介していたところ、海外のバイヤーなどから問い合わせを多く受けたことがきっかけ。現在、合同展示会「PR01. TRADE SHOW」に出展しており、「IFF MAGIC Japan」への出展も予定している。

 「ボナム」は、デニムのファクトリー兼オーダーショップとして2013年に渋谷にオープン。昨年3月、表参道に2号店を出店した。現在は「ベーシック」「フリーダム」「クリエーティブ」をキーワードに、アメリカから買い付けた古着やヴィンテージのデニムを渋谷店のファクトリーでリメイクする「RE-CREATIONS」ライン、表参道店でのみ展開するスウェットやミリタリーのリメイクライン「SIDE-B」、そして今回の卸売を機に開発したメイドイン岡山のオリジナルデニムのライン「ORIGINALS」を展開している。卸売の対象となるのは「RE-CREATIONS」と「ORIGINALS」の2ラインで、中心価格帯は2万円前後。展示会では、パリやロサンゼルス、香港といった様々な国のセレクトショップ、NYやロンドンのショールームから声がかかるなど、特に海外の来場者から注目を集めている。