;

コメ兵、新宿と名古屋の駅前エリアに路面店オープン

KOMEHYO 新宿店ANNEX イメージ
KOMEHYO 新宿店ANNEX イメージ
画像: KOMEHYO

 リユース業界大手のコメ兵が、新宿と名古屋の駅前エリアに出店する中〜大型路面店の詳細を発表した。今期は小〜中型の不採算店舗9店舗の閉鎖を進めており、既存店および中〜大型の新店舗に機能を移転することで、事業の効率化と中長期的な収益性の向上を図っている。

 新店舗「KOMEHYO 新宿店ANNEX」は新宿東口エリアに位置し、オープンは5月19日。1階から4階の4フロア、約300坪の中型路面店で、メンズアイテム約5,000点を取り扱う。同じく新宿三丁目に位置する既存の大型路面店「KOMEHYO 新宿店」と店舗オペレーションや商品面などで補完し合いながら、中古品の買取および販売体制を強化する。なお、新宿店は一部衣料売場の縮小が予定されている。

 本社を構える名古屋エリアでは、小型店「栄セントラルパーク店」の閉鎖を計画しており、既存の本店に加えて5月27日オープンの「KOMEHYO 名駅店」に機能を集約させる。新店舗は名古屋駅東口エリアの名駅4丁目に位置し、1階から2階の2フロア、約400坪の大型路面店。商品数は約10,000点で、メンズとウィメンズアイテムの他、新たに植栽や雑貨、中古車などを取り扱い、ライフスタイル提案を強化する。

■KOMEHYO 新宿店ANNEX
 住所:東京都新宿区新宿3-19-7
 営業開始:2017年5月19日(金) 11:00

■KOMEHYO 名駅店
 住所:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目8-12 1F・2F
 営業開始:2017年5月27日(土) 11:00