スターバックス×フラグメントが新作発売、東信とのトリプルコラボも

新作コラボレーション(左:第1弾、右:第2弾)
新作コラボレーション(左:第1弾、右:第2弾)
画像: スターバックス コーヒー ジャパン

 スターバックス コーヒー ジャパンが、藤原ヒロシが手がける「フラグメント(fragment design)」とコラボレーションした新作アイテムを6月7日に発売する。また23日には第2弾として、フラワーアーティストの東信が率いる「AMKK」とのトリプルコラボレーションを展開。全国のスターバックス店舗とスターバックスオンラインストアで取り扱う。

 今回のコラボレーションでは、ハンディーステンレスボトルやステンレスハンドル付きマグ、ミニスターバックスカードをラインナップ。第1弾は、グレー一色のシンプルなボディに「フラグメントデザイン」とスターバックスのブランドロゴを配したミニマルなデザインに仕上げ、ステンレスハンドル付きマグは飲む時の口当たりを意識し、薄く焼き上げた磁器製を採用している。「AMKK」とのトリプルコラボレーションシリーズとなる第2弾では「AMKK」による作品を藤原ヒロシ監修のもとグラフィック化し、全面ブラックのステンレスボトル、マグカップ、ミニスターバックスカードにビビッドなカラーリングの植物のグラフィックプリントを施す。

■価格:
スリムハンディーステンレスボトルフラグメント400ml(4,400円)
ステンレスハンドル付きマグフラグメント237ml(2,300円)
ハンディーステンレスボトルフラグメント×AMKK500mll(4,900円)
マグフラグメント×AMKK325ml(2,000円/いずれも税別)
ミニ スターバックスカード ソリッドグレー/ミニ スターバックスカード ボタニカルアート(1,000円以上の入金で発行可能)
公式サイト