"お守り"を意味するプラダ初のジュエリー発売

プラダ タリスマン ウッド×シルバー 18万3,000円(予定価格)
プラダ タリスマン ウッド×シルバー 18万3,000円(予定価格)
画像: PRADA

 「プラダ(PRADA)」が、初のジュエリーコレクション「プラダ タリスマン」を6月下旬から販売する。"お守り"を意味するコレクションはユニセックス展開で、プラダ青山店で取り扱いを予定している。

 プラダは、歴史上で最初にデザインされたという説があるタリスマン(お守り)に着目。タリスマンはスーパーナチュラルなパワーを持つと信じられ、重要な目的のために使用されてきた。2017-18年秋冬コレクションで発表された初のジュエリーコレクションは、シルバー、半貴石、天然素材を使用して手作業で仕上げられ、太古の芸術品と文明の絶え間ない進歩との関係を、遊び心のあるデザインで表現。それぞれ木やシェル、ラブラドライト、アメジスト、小さなシトリン、水晶、そして野生動物のシルバー彫刻が組み合わされている。ボックスはサフィアーノカーフにサテンのライニングが施され、神秘的な存在をイメージ。実際に、魔除けや幸福、幸運を呼ぶ力を発揮するかどうかは、シンボルの力を信じる心次第だとしている。