スタートトゥデイ、物流センター「ゾゾベース」を約2倍に拡張

プロロジスパークつくば1 イメージ
プロロジスパークつくば1 イメージ
画像: スタートトゥデイ

 スタートトゥデイが6月29日、今後の商品取扱規模の拡大を見込み、2018年秋にフルフィルメント業務全般を行う物流センター「ゾゾベース(ZOZOBASE)」を拡張することを発表した。

 今回新たに、プロロジスが開発する地上4階建、フロア面積約7万平方メートルの大型物流施設「プロロジスパークつくば1」の全フロアを賃借することを決定。2017年8月に新築工事を開始し、2018年秋に本格稼働を予定している。これに先駆けて、今年の7月からは千葉県印西市の「プロロジスパーク千葉ニュータウン」の一部、約5万8,000平方メートルを新たに賃借する。物流拠点規模は、2018年秋頃に現在の約2倍となる約25万平方メートルに拡大する見込み。