ストレートに発信するメディア

"白シャツのように着る"新着物ブランド「THE YARD」が渋谷に出店

日常ではなかなか袖を通す機会の少なくなった"きもの"。大正6年創業の歴史あるきもの専門店「やまと」は、11月19日、「THE YARD(ザ・ヤード)」の1号店を渋谷モディにオープン。現在のライフスタイルやカルチャーに溶け込む、新しいきもの文化を目指し、大人の街へと進化する渋谷から新しいきもののあり方を発信する。

「THE YARD」は、"白シャツのように着る 新しい日常をつくるきもの"をテーマに、100年近くの歴史をもつやまとから生まれた新ブランド。

反物、帯、履物、帯留など、きもの一式はもちろんのこと、バッグ、ヘアアクセサリー、ストール、傘など、和装に必要な全アイテムを取り揃える。また、反物は、ジェンダーレスに着られるきものを用意する。

スタイリング&バイイング・ディレクションには、広告やCM、雑誌「& Premium」「GINZA」などで活躍する人気スタイリスト・井伊百合子氏を迎え、Hender Scheme(エンダースキーマ)やmina perhonen(ミナ ペルホネン)、SIRI SIRI(シリ シリ)など、メイド・イン・ジャパンの小物をセレクト。現代の和装のニュースタンダードとは何かを考え、新しいきもののカタチを切り開く。

オープンを記念して、購入者にオリジナルノベルティをプレゼント(なくなり次第終了)!

これまできものとは無縁だと思っていた人も多いはず。きものを身につけ、新しいラフスタイルを体験してみてはいかがだろうか。新しいきもののあり方に挑戦する「THE YARD」から、今後も目が離せない。もっと詳しく知りたい人は、こちら(http://the-yard.jp)。

hir201510190651_2.jpg