Lifestyle インタビュー・対談

【インタビュー】セレクトショップ「1LDK」がなぜ今、パリに出るのか?

■日本と変わらない価格で売る

―広さ、ブランドラインナップを教えてください。

関:お店はコンパクトな空間で、一階が20平方メートル、地下のストックが10平方メートルです。商品はすべてメンズで、日本のブランドはユニバーサルプロダクツ、コモリ、サイ、キャプテンサンシャイン、カムズアンドゴーズ、バディオプティカル、フランスのブランドがアルペンター、レオンフラム、スウェーデンのアナザーシャツプリーズです。雑貨はプエブコ、ヴァーグウォッチ、R&DM Co.などが決まりました。またブックショップUTRECHTがセレクトしたブックコーナーも併設されます。

1ldk_paris_016.jpg

 「ユニバーサルプロダクツ(UNIVERSAL PRODUCTS)」をオリジナルとすると、仕入れの比率は6割。コンセプトとしては、こうしたブランドを「日本と変わらない価格で売る」というのがあります。日本の価格から10%くらい高いイメージで、2万2000円のチノパンツが2万4000円になるかんじですね。それだとフランスで台頭している新世代のリアルクローズブランド、例えばアミ アレクサンドル マテュッシやメリンダグロスと十分勝負できる価格帯になります。

―ヨーロッパはオープンプライス(定価はお店が自由に決められる)なので、日本のブランドも2倍以上の価格で売られている現状があります。

福澤:そうですね。今後はパリをきっかけにグローバル化を進めていきたいので、海外の出店が増えていくと思いますが、僕らは日本でもそこそこの価格帯なのに、関税や送料の関係で普通のやり方だと価格が倍になってしまうんですね。そうなると名だたるメゾンブランドと変わらない価格帯になってしまいます。アクネとかA.P.Cより遥かに高くなってしまうんですね。

 オリジナルのユニバーサルプロダクツは、仕入れのブランドとして考えれば、経費をインクルーズできますが、仕入れのブランドは難しい。だから、今回は「日本と変わらない価格でブランドの魅力を伝えたい」ということを説明し、ブランドさんに協力していただいた形です。

1ldk_paris_015.jpg

関:海外の合同展などを見ていて、日本のブランドが世界に出るのはハードルが高い現状があります。キャッチーでなにか強烈な売りがあるブランドならいいのですが、僕らの扱っているのは、ぱっと見は普通でよく見ると着心地が良くて使いやすい、といったブランドなので、輸出の壁が高いと思うんですね。だから、僕らと一緒に出て行くというのがいいかなと考えています。

■パリには"東京っぽい店"がない

―パリのファッション・シーンをどう分析していますか?

福澤:マレ地区を中心にパリ中のファッションエリアを見て回りましたが、「1LDK」的な東京っぽい店が、ないに等しい状況です。ラグジュアリー系のセレクトショップとブランドのオンリーショップが主体で、ライフスタイル的な等身大のショップがありそうで少ない。メルシーができたのが6年前で、その影響で少しずつ東京っぽい店が出てきていますが。

関:パリではリアルクローズのブランドが盛り上がってきていますが、セレクトショップはまだまだな印象です。東京でも結構気楽にやってきたので、パリでも自由にやりたいと思っています。インポートが偉いとかドメスティックが偉いとかではなく、フラットに見ていいものを選んでいるので、それをパリでも貫きたいなと。根拠はありませんが、お客様に支持してもらえるという自信はあります。普通のパリジャンに売りたいですね。

1ldk_paris_012.jpg

―宣伝方法は?

関:向こうにネットワークがあるわけでないので、一からになります。今も、ホームページやブログは海外からのアクセスが結構多いんですよ。そこをもう少し充実させて発信していきたい。ブログやインスタグラムなどの"現代の口コミ"を重要視しています。インスタグラムのフォロワーは1万強でまだまだですが。お客さんになりえないフォロワーを増やしてもしょうがないので、深いお客様を少しずつ増やしていきたい。中目黒の来店は平日が30〜40名、休日が100名くらいで決して多いわけではありませんが、コアなお客様を増やしてきた結果、今があるのだと思っています。

―パリの店長を務める青山翔太郎さんはどういう方ですか?

関:彼はメゾン キツネのアトリエで働いていて、パリに買い付けにいった時に知り合いました。その後は自分のブランドを日本で始めたのですが、人としてずっと気になっていて、パリ出店が決まった時に声を掛けてみたんです。「本当は君がいいんだけど、だれかパリでいい人紹介してくれない?」って。ちょうど彼がブランドをどうするか考えていたこともあり、もう一度パリに戻ってもらうことになりました。パリのファッション関係から夜遊び関係まで顔が広いこともメリットかもしれませんね(笑)。

1ldk_paris_004.jpgパリ店内にはUTRECHTがセレクトしたブックコーナーも

 次のページは>>利益以外の価値、売上だけでは店がダメになる?

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング