Art

モレスキンからパックマンの限定ノート

 イタリアの手帳ブランド「MOLESKINE(モレスキン)」は、 80年代を象徴するポップカルチャーアイコン「Pac-Man(パックマン)」の30周年を記念して限定版ノートブックを発売する。限定版ノートブックは、表紙や中表紙だけではなくステッカー、帯まで限定版だけの特別デザイン。公式ウェブサイトや一部書店、インテリアショップなどで11月下旬より数量限定で発売する。
— ADの後に記事が続きます —

 今から30年前の1980年にナムコ(現・バンダイナムコゲームス)より発表されたビデオゲーム「Pac-Man」。発売後はアメリカでアニメ化されるなど、日本だけではなく世界中で大ヒットした。2010年の5月22日には、インターネット検索サイト「Google(グーグル)」がトップページ、ロゴを「Pac-Man」仕様に変更して「Pac-Man」誕生30周年を祝うなど、日本を代表するテレビゲームキャラクターとして現在でも世界中の人から愛され続けている。

 限定版ノートブックは、2つのサイズで展開。9×14cmのポケットサイズには、パックマンやモンスター、フルーツなどゲームに登場するアイコンがプリントされ、ポップなノートブックに。一方、13×21cmのラージサイズのノートブックには、カバーと同じ色でゲームの背景である「迷路」がノートと同系色のカラーで光沢感をもってプリントされ、さりげない大人なキャラクターノートブックに仕上がっている。

 また、単品だけではなくギフトボックス入りのヴォランノートブック4冊セットも登場。「MOLESKINE」には珍しいピンクやブルー、イエローなどの4色のノートブックには、パックマンに登場するキャラクターがシルバーのエンボス加工で施されている。それぞれのノートブックの裏面には「Game Over」「Insert Coin」「High Score」など、パックマンゲーム内で見覚えのある懐かしいキーワードが印字されているなど細かい個所にもこだわったスペシャル仕様となっている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング