Fashion

Dior新デザイナー予想が過熱 後任はティッシ? エルバス?

Image by Fashionsnap.com
Image by: Fashionsnap.com

 「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」から解雇を通告されたJohn Galliano(ジョン・ガリアーノ)の後任デザイナー候補に、Riccardo Tisci(リカルド・ティッシ)とAlber Elbaz(アルベール・エルバス)の名が急浮上している。Riccardo Tisciは、「Christian Dior」と同じLVMHグループ傘下「Givenchy(ジバンシィ)」の現クリエイティブ・ディレクター。一方Alber Elbazは、「LANVIN(ランバン)」全体を統括しているアーティスティック・ディレクターだ。

 フランス・パリの老舗メゾン「Christian Dior」はパリ・ファッションウィーク初日の3月1日、John Gallianoの解雇を正式発表した。4日(現地時間)には、予定通り「Christian Dior」2011-12年秋冬シーズンのプレタポルテコレクションを発表したが、これが約15年間「Christian Dior」に務めたJohn Gallianoの手がけるラストコレクションとなった。

 解雇と同時に、世間の話題は「Christian Dior」の後任デザイナーに向けられ、様々な憶測が浮上。8日には、ニューヨークタイムズのファッションエディターDerek BlasbergがTwitter(@derekblasberg)で発信した「Riccardo Tisci is CONFIRMED at Dior.」というツイートが発端となり、イタリア人デザイナーRiccardo Tisciが有力との見方が強まった。一方VOGUE UKでは、「LANVIN」アーティスティック・ディレクターのAlber Elbazでは?と推測しており、その他にもクチュールテクニックに定評のあるHaider Ackermann(ハイダー・アッカーマン)や、期待の新鋭と呼び声の高いGareth Pugh(ガレス・ ピュー)、そして元「Dior Homme(ディオール・オム)」クリエイティブ・ディレクターのHedi Slimane(エディ・スリマン)など、新進系から大御所まで数々の名前が浮上。メディアやブログ、Twitterなどで噂が噂を呼んでいる。

 Riccardo Tisciは現在、「Givenchy」のオートクチュールとメンズ・ウィメンズのプレタポルテコレクションのデザインを手がけているが、「Christian Dior」へ移籍となれば、LVMHグループ内で大きな異動が実施される可能性も否定できない。これが事実ならRiccardo Tisciは、かつてHubert de Givenchy(ユベール・ド・ジバンシィ)の後任として「Givenchy」のデザイナーを経験したJohn Gallianoと同じキャリアを積むこととなる。また、Riccardo Tisciが「Christian Dior」に移籍し、「Givenchy」にHaider Ackermannを抜擢、といったシナリオ予想も根強い。なお業界筋によると、近く「Christian Dior」から何らかの発表があるとされている。

 奇才デザイナーの跡を継ぐのは果たして誰か。ファッション界の歴史に残る交代劇だけに、「Christian Dior」からの正式発表が待たれる。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング