Fashion

米国「Teva」再上陸、ニコファーレで新作アドベンチャーシューズ発表

Teva 2012 ローンチプレゼンテーション
Image by: Fashionsnap.com
 米国発シューズブランド「Teva(テバ)」が12月7日、東京・六本木の「ニコファーレ」を会場にローンチプレゼンテーションを開催し、日本における本格展開と2012年春の新コレクションを発表した。2012年3月より、ストラップ付きサンダルをはじめとする各種の新作アドベンチャーシューズを発売する。なお、「ニコファーレ」が企業の新作発表イベントに使用されるのは初めて。

 デッカーズジャパンが2012年春から日本で本格展開をスタートする「Teva」は、カリフォルニア州ゴリータを拠点とするアドベンチャーシューズのリーディングブランド。1984年にグランドキャニオンのリバーガイドが世界で初めてストラップ付きサンダルを開発したことから誕生した。日本からは一度撤退していたが、2012年春の再上陸が決定。これに伴い、知名度の高いストラップ付きサンダルを含む「クラシックコレクション」、様々なアウトドアアクティビティに対応する「メインラインコレクション」、そして新たにアクションスポーツと従来のアウトドアを融合させた「ブルーラインコレクション」の3ラインから構成される新作シューズコレクションを発表した。タウンユースから、山や川などのアウトドアまで活躍するメンズ・ウィメンズ・キッズのシューズを展開する。

 「ニコファーレ」で開催された「Teva」のローンチプレゼンテーションでは、"LIVE BETTER STORIES"をテーマに迫力のヴィジュアルを会場全体に投影して新作シューズを発表。「Tevaは大きく変革を遂げている」と宣言した「Teva」アジア地域代表のティム氏は、グローバル戦略におけるミッションを「アウトドア業界全体に革命を起こすこと」とし、日本での本格展開に際して「アクション・アウトドアという新しいカテゴリーを創出し、シーズンを通じてプロダクトを提供していく」と目標を示した。同日、日本で唯一の「Teva」契約アスリートとして、ラフティングの世界大会で2連覇を達成したラフティングチーム「テイケイ」との契約を発表。プレゼンテーション後半では、来日したMTBアーバン・フリーライダーJeff Lenosky(ジェフ・レノスキー)によるデモンストレーションが会場を盛り上げた。


 

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング