World News

エディ・スリマン、YSLでデザイナー復帰か

 「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン)」のディレクターに、デザイナーのHedi Slimane(エディ・スリマン)が就任するとAFPが報じた。実現すれば、2007年に「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」のメンズライン「DIOR HOMME(ディオール・オム)」のクリエイティブ・ディレクターを退任して以来、約5年ぶりのデザイナー復帰となる。

 Hedi Slimaneは、1997年より3年間にわたってプレタポルテライン「Yves Saint Laurent rive gauche(イヴ・ サンローラン リヴ・ゴーシュ)」のディレクターを務めた経験がある。同職を経て、2000年に「DIOR HOMME」のクリエイティブ・ディレクターに就任。細身でシャープ、エッジなバランスを兼ね備えたスタイルは、当時メンズファッション業界に衝撃を与えた。デザイナーの職を辞してからは、フォトグラファーとしての才能を活かして雑誌や広告などで活躍している。

 「Yves Saint Laurent」の現クリエイティブ・ディレクターStefano Pilati(ステファノ・ピラーティ)は、2004年からブランドを手がけており、Hedi Slimaneが就任すれば8年目で現職を離れることとなる。「Christian Dior(クリスチャン・ディオール)」や「Yves Saint Laurent(イヴ・サンローラン) 」の後任デザイナー候補として噂されていたRaf Simons(ラフ・シモンズ)は、2月27日付けで「JIL SANDER(ジル サンダー)」を退任。25日には、ラストコレクションをランウェイショーで披露した。

 なお現在、「Yves Saint Laurent」およびPPRグループは、クリエイティブ・ディレクターの交代について未発表。しかし一部メディアは、2月28日にパリで開幕するファッションウィーク中にブランド側から何らかの発表がある、と報じており、Hedi Slimaneをめぐる動向に注目が寄せられている。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング