tsuhanshinbun

ニッセン「AR」を全カタログに導入

通販新聞

日本唯一の通販市場の週刊専門紙

フォローする:

 ニッセンは1月17日、スマートフォンをカタログにかざすことでさまざまな情報を得られる無料アプリ「カタログカメラ」を開発したと発表した。拡張現実(AR)技術を使ったもので、1月中旬に発行したすべての春カタログに掲載する全商品がARに対応。カタログに載せきれない情報の確認やスマホからの購入を容易にした。新技術の導入で購入率上昇や注文単価増を狙うほか、カタログの保存性を高める効果を期待する。

 掲載された商品にスマホをかざすと、商品ページに遷移。そのまま購入することが可能なほか、カタログには掲載されていない値下げ情報やくちコミ情報の確認などができる。また、総合カタログ「ニッセン」の表紙にも仕掛けを用意。スマホをかざすことで同社のキャラクターである香里奈さんが浮き出し、表紙のコーディネートを360度確認することができるほか、香里奈さんからのメッセージも再生される。

 同アプリは、KDDIが1月17日からトライアルを開始したAR情報表示サービス「SATCH VIEWER」を使ったもので、同サービスの本導入企業としてはニッセンが初となる。デジタルカタログの素材をそのまま使うだけで「特別な仕掛けなどは不要」(マーケティング本部マーケティング戦略室アライアンス&デバイスチームの神徳昭裕マネージャー)という。

 アプリの利用度を高めてもらうための取り組みとしては、マイリストに登録した商品について、値下げが行われた際に利用者に知らせる機能を設けた。便利な情報を即時に入手できることをアピールし、アプリをダウンロードしてもらうのが狙いだ。また、商品を購入した消費者がスマホを表紙にかざした場合は、「ニッセンのおすすめアイテム」として、商品をレコメンドする機能も設けている。

 春号以降もAR対応は継続していく。また、総合カタログの表紙については毎回仕掛けを変える予定だ。

 同日、都内で同社会員らを招き開催されたイベントには、タレントの香里奈さんのほか、春カタログ誌面のビジュアル構成を手掛けた、アートディレクターの清川あさみさん、18日から放送中の同社新CMの楽曲を担当したEvery Little Thingの持田香織さん、伊藤一朗さんが登場。実際にアプリを試した香里奈さん(写真)は「カタログだけだと後ろがどうなっているか分からないので、誌面よりも正確に見られますね」と感想を述べた。

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング