Fashion

バロックが靴ブランド開始、中国最大手靴小売りチェーンとの共同事業

 バロックジャパンリミテッドが、グローバルシューズ「STACCATO(スタッカート)」を今秋からスタートする。同社筆頭株主の百麗國際Belle International(ベル・インターナショナル)とのジョイントベンチャーで、中国でベル・インターナショナルが運営する「STACCATO」ブランドの国内展開を開始。8月末にはルミネエスト新宿店に国内1号店をオープンさせる。

Image by バロックジャパンリミテッド
Image by: バロックジャパンリミテッド
— ADの後に記事が続きます —

 ベル・インターナショナルは、中国最大手の婦人靴小売チェーン。2014年2月期の決算では前比10.1%増の売上高6,891億円を記録し、現在同社が運営する店舗数は1万9,177店舗。昨年1年で1900店舗を出店するなど、アジアで急成長している。

 2013年8月にバロックジャパンリミテッドの筆頭株主となって以来、両社がジョイントベンチャーを発表するのは今回が初めて。「STACCATO」はもともと香港で立ち上げられたブランドで、現在では中国本土をはじめ、東南アジアやオーストラリア、中東などでも展開されている。香港とイタリアのデザインチームが手がけるベル・インターナショナルの展開ブランドのなかでもハイブランドにあたるという。

 2014-15年秋冬シーズンは、中国で展開されている「STACCATO」のコレクションからセレクトしたアイテムに、日本用にカスタマイズしたアイテムを加えた、ベーシックなコレクションを展開。2015年春夏シーズンからは、日本企画のアイテムを追加。今後は日本製造の商品開始も検討しているという。国内での中心価格帯は15,000円〜20,000円に設定し、3年で100億〜200億円規模の売り上げを目指す。

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング