Fashion

西東京エリア初の「ららぽーと」が立川に 2015年秋開業

2015年秋に開業する「(仮称)ららぽーと立川立飛」イメージ画像 Image by 三井不動産
2015年秋に開業する「(仮称)ららぽーと立川立飛」イメージ画像
Image by: 三井不動産

 三井不動産が、東京都立川市に「(仮称)ららぽーと立川立飛」を2015年秋に開業する。西東京エリア初の「ららぽーと」で、立川市最大級のショッピングモールとなる予定。ファミリーからカップル、アクティブシニアまで幅広い世代をターゲットに、ファッションや雑貨、飲食、エンターテイメント施設など約240店舗が出店する。

— ADの後に記事が続きます —

 三井不動産にとって「アーバンドック ららぽーと豊洲」と「ダイバーシティ東京 プラザ」に続く都内3施設目のリージョナル型ショッピングセンターとなる「(仮称)ららぽーと立川立飛」は、JR中央線立川駅から多摩モノレールで2駅先に位置する立飛駅の駅前に立地し、主要道路にも近接。施設は地上3階建てで、延床面積は約15万4000平方メートルを有する。コンセプトには「& Garden Tachikawa」を掲げ、緑を配した憩いの広場や噴水など、「水・緑・光」の要素を重視した開放的な空間を演出。国営昭和記念公園近くの自然豊かなエリア性を活かし、壁面緑化や屋上緑化、ソーラーパネル、EV充電ステーションといった環境に配慮した取り組みを行う。公共交通機関の利用を促すため、立飛駅には施設と接続する連絡ブリッジを新設。駐車場は約3,200台収容する。

 三井不動産は「ららぽーと」の展開を拡大しており、10月30日にオープン予定の「三井ショッピングパーク ららぽーと和泉」に続いて、2015年秋以降は「(仮称)ららぽーと立川立飛」をはじめ「(仮称)ららぽーと富士見」や「(仮称)ららぽーと海老名」が開業予定。海外では「(仮称)ららぽーと上海金橋」の出店を計画している。

■「(仮称)ららぽーと立川立飛」計画概要
所在地:東京都立川市泉町 935-1 他
敷地面積:約94,000平方メートル
構造規模:店舗棟...鉄骨造3階建、駐車場棟...鉄骨造6階建
延床面積:約154,000平方メートル(約46,600坪)
店舗面積:約60,000平方メートル(約18,000坪)
店舗数:約240店舗
駐車台数:約3,200台
交通:多摩モノレール「立飛」駅直結(予定)
スケジュール:着工 2014年9月/竣工・開業 2015年秋(予定)

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング