Art

ハワイアンプレートランチのドライブインカフェが七里ヶ浜に トランジットが運営

「パシフィック ドライブイン」メインビジュアル
Image by: トランジット

 ハワイアンプレートランチをコンセプトにしたドライブインカフェ「パシフィック ドライブイン(Pacific DRIVE-IN)」が、3月30日にオープンする。出店場所は江ノ島と富士山を一望できる七里ヶ浜海岸駐車場で、トランジットジェネラルオフィスが運営。スタッフユニフォームは「ビームス(BEAMS)」がデザインを手掛ける。ハワイの定番フードやコーヒー、関東初進出となる人気ハワイアンペストリー「ナカムラ ジェネラル ストア(NAKAMURA GENERAL STORE)」のスコーン、日焼けしたスヌーピーグッズの販売を通じて、サーフスポットに新たな賑わいを創出する。

— ADの後に記事が続きます —

 「パシフィック ドライブイン」は国道134号沿いの海側に位置し、370台を収容する七里ヶ浜海岸駐車場の中央に出店。店内面積は約125平方メートルで、店内に48席、テラスに40席を配置する。TRIPSTERの野村訓市がデザインした内装は高い天井や大きな窓で開放感を演出し、壁面はロンドン在住のアーティスト古武家賢太郎とカメラマン志津野雷が自然やハワイをモチーフに装飾。シンプルな木目の外観はペインター丸倫徳がカラフルに彩る。テイクアウトのカップやコーヒーカップにあしらわれるイラストはface、波をイメージしたロゴデザインはSankofaが手掛けた。「PREPPY BEACH」をテーマにしたスタッフユニフォームは、オックスフォードのボタンダウンシャツにチノパンやチノスカートを組み合わせたコーディネートがベースで、2WAYのデニムサロンやトラックキャップ、フーデッドパーカなども製作された。

 フードメニューは、天然酵母ベーカリー「wakanapan + SUNDAY JAM」のwakanapanとDJ PANCAKEMIXが開発。カフクの名物「ガーリックシュリンプ プレート」(1,250円)をはじめ、フリーレンジの卵を使用した「ブレックファースト ハム&エッグ」(1,000円)やオリジナルで開発した角食パンで作る「BLTA サンドウィッチ」(1,100円)、「バターミルクパンケーキ」(900円)といったラインナップでハワイの定番フードの味を再現する。ドリンクでは湘南のロースター「27 COFFEE ROASTERS」が焙煎するコーヒー(400円)やカフェラテ(450円)、ジンジャーレモネード(600円)などを揃える。ショップインショップの形態で関東に初出店する「ナカムラ ジェネラル ストア」はスコーンを限定数で提供。日焼けしたスヌーピーとウッドストックの限定イラストをあしらったオリジナルグッズは、トートバッグ(4,300円)やマグカップ(2,500円)などを販売する。

パシフィック ドライブイン(Pacific DRIVE-IN)
住所:神奈川県鎌倉市七里ガ浜東2-1-12 七里ヶ浜海岸駐車場
電話番号:0467-32-9777 ※3/30より
営業時間:8:00am-20:00pm(L.O. 19:30) ※季節により変動あり
アクセス:江ノ電 七里ヶ浜駅徒歩3分
休:不定休
店内面積:124.68平方メートル
席数:店内48席・テラス40席

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング