Fashion

急成長「サカイ」初のプレ発表 ブランドの価値向上を目指す

Image by: sacai

 「サカイ ラック(sacai luck)」休止後、初となる「サカイ(sacai)」のプレコレクションが発表された。上代ベースで年商100億円に近い売上まで急成長しているという「サカイ」ブランドの次のステップとして、2016年プレコレクションからブランドを統一。「サカイ」ブランドに注力し、世界的にブランドの存在感を高めていくという。

 

 「サカイ」初の2016年プレコレクションは2016年春夏メンズコレクションとともにパリで初公開され、続いて日本でも展示会が開催された。海外では「サカイ」の認知が高く、「以前からサカイ ラックの認知は日本ほどは高くなく、1つのブランドとしてショップでも打ち出していきたいという声が多かった(広報担当者)」と言い、「サカイ ラック」休止による影響は少ないという。メインと比べて"着やすさ"が求められるプレシーズンの需要に応えるように、デイリーを意識したデザインも多く、「サカイ ラック」で取り扱いのあったベーシックなカットソーやワンピースなども充実。また、メンズと連動するコラボレーションを打ち出すなど、「サカイ」のハイブリッドな視点を素材使いやパターン、ディテールなどに色濃く反映したアイテムもあり、20万円を超えるドレスといった高価格帯の商材もそろえた。

 「サカイ ラック」の休止により国内の取り扱い店舗は減少するが、国内外で「サカイ」ブランドが成長する中、「サカイというブランドが常にマーケットに在るという状態」を目指しブランドの存在感を高めることが必要と判断。今後は国内・海外ともに1つの店舗で取り扱うコレクションに"奥行き"を持たせていくことで、より「サカイ」の世界観をしっかりと打ち出していく方針だという。

記事のタグ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング