Fashion

アパレル工場の現実と将来とは?日本初、学生向けアパレル工場サミット開催

Image by: Factelier

 ライフスタイルアクセントが展開するアパレル工場直結のジャパンブランド「ファクトリエ(Factelier)」が、日本初となる学生に向けた工場サミット「学生のためのアパレル工場サミット 2015」を銀座で11月14日開催する。「アパレル工場を見てわかった現実と将来の可能性」などをテーマにトークセッションを行うイベントで、「ファッションしらいし」の白石正裕社長や伊勢丹新宿本店バイヤーの額田純嗣などが参加。参加無料で、現在ウェブサイトで応募受付を開始している。

 国内で流通するアパレル品の国産比率が50.1%から3%にまで減少し、アパレル工場数も減少の一途をたどっている現状を踏まえ、「学生のためのアパレル工場サミット 2015」では、工場で働くスタッフや日本製商品を扱う事業者、百貨店のバイヤーなどを招き、これからの"メイドインジャパン"の魅力や進むべき道と課題、人材採用における問題点などについて議論。トークセッションテーマは「都会と地方、どっちが得か。工場の所在地がもたらすもの」や「日本はなぜ今"メイドインジャパン"なのか」などで、ランチ交流会も実施。登壇企業には、和田メリヤスやクスカ、スマイルコットンなどがあり、同イベントを通して工場で働くことを志す学生を増やしていきたい考えだ。

■学生のためのアパレル工場サミット 2015
開催日時 :2015年11月14日(土) 10 時~19 時(開場:9時半)
開催場所 :ファクトリエ銀座フィッティングスペース
東京都中央区銀座 8-12-11 第二サンビル 3 階
参加料金 :無料
参加定員 :学生のみ 80 名 ※来場時学生証を提示
申し込みページ

最新の関連記事

おすすめ記事

Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング