Fashion

コム デ ギャルソンの2016年DMに"シンガポールの国宝"テセウス・チャン

Image by: Fashionsnap.com

 コム デ ギャルソンが、2016年のDM(ダイレクトメール)の配布を開始した。2016年はASHUに所属するデザイナー兼アートディレクター、テセウス・チャン(Theseus Chan)を起用。DMの素材には、"シンガポールの国宝"と賞賛される同氏の代表作、インディペンデント・ヴィジュアル誌「ヴェルク(WERK)」が用いられている。

 

 テセウス・チャンは、1961年生まれ。ナンヤン芸術学院でグラフィック・デザインを学び、外資系の広告代理店でアート・ディレクターを経験した後、1997年にデザインオフィスWORKを設立。2006年にはシンガポールで最も栄誉あるデザイン賞「プレジデンツ・デザイン・アワード」でデザイナー・オブ・ザ・イヤー受賞している。近年では「アンリアレイジ(ANREALAGE)」と写真家奥山由之を起用し、「ヴェルク」の姉妹誌「W _ _ K W _ _ K」を発刊したことでも注目を集めた。

 2016年第一号となるDMは2016年春夏コレクションの立ち上がりに関する内容で、アートワークは宇宙をテーマに構成。2004年にシンガポールにオープンした「コム デ ギャルソン ゲリラストア+65」の仕掛け役を務めたテセウスは、今回の協業について「私は、他のクリエイティブな人が自分の仕事をどう解釈するかを知ることが面白いと気付いたのです。私は川久保玲氏自身を、グラフィックデザイナーの巨匠とみなしています」とASHUの公式HPを通じてコメントしている。

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング