Fashion

後任はラフ・シモンズ?「カルバンクライン」メンズとウィメンズデザイナーが退任

フランシスコ・コスタとイタロ・ズッケーリ
フランシスコ・コスタとイタロ・ズッケーリ
Image by: Calvin Klein

 「カルバン クライン(Calvin Klein)」が、ウィメンズ・クリエイティブ・ディレクター フランシスコ・コスタ(Francisco Costa)とメンズ・クリエイティブ・ディレクターのイタロ・ズッケーリ(Italo Zucchelli)両者の退任を発表した。今後はウィメンズとメンズ部門を統合し、1名のクリエイティブディレクターが全デザインを統括していくという。後任は未定。

 

 ブランドは今回の決定を「世界的地位をより確固とするための、長期的なグローバル戦略の一環」と位置づけており、CEOのSteve Shiffmanは、「フランシスコとイタロの、10数年に渡るブランドへの揺るぎないコミットメントに感謝する。このクリエイティブ戦略は、ブランドの新たなチャプターの幕開けとなるでしょう」とコメントを発表。

 フランシスコ・コスタは2003年からウィメンズコレクションを手掛け、昨年3月には、ルピタ・ニョンゴのアカデミー賞でのドレスをデザインし注目を浴びた。2004年からメンズコレクションを手掛けてきたイタロ・ズッケーリは昨年1月に米誌デイリー・フロント・ロー「第1回ファッション・ロサンゼルス賞」でメンズウェア・デザイナー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞するなど両者共にハリウッドスターらから支持を得た。後任候補には以前から噂のあったラフ・シモンズ(Raf Simons)が引き続き有力視されている。

関連記事>>【3分でわかる】新体制が続々と発表、デザイナー交代劇とその噂まとめ〜16年4月版〜

最新の関連記事

Realtime

現在の人気記事

    Ranking Top 10

    アクセスランキング