Fashion

ポール・スミスの「全てをさらけ出した」大展覧会が京都で開幕

Update:

【インタビュー】デザイナー ポール・スミスに25の質問

 ポール スミス(Paul Smith)の展覧会「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が、京都を皮切りに国内3カ所で開催される。これに先駆け、6月3日に「京都国立近代美術館」で開会式が開催され、この日のために来日したポール・スミスと英デザイン・ミュージアムのデヤン・スジック館長、そしてスペシャルアンバサダーで会場の音声案内役を務めている俳優の松田翔太らが集った。

デザイン・ミュージアムのデヤン・スジック館長、ポール・スミス、松田翔太 Image by FASHIONSNAP
デザイン・ミュージアムのデヤン・スジック館長、ポール・スミス、松田翔太
Image by: FASHIONSNAP
— ADの後に記事が続きます —

 2013年11月からロンドンのデザイン・ミュージアムで初めて開催された展覧会「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」が、日本では6月から10月にかけて京都・東京・名古屋を巡回する。「ポール スミス(Paul Smith)」1号店となったショップやオフィス、アトリエを再現するほか、写真や手紙のコレクション、ローバー社のミニなど多数のコラボレーション、ポールの頭の中を表現したという映像など約2,800点を集めた。会場内では全ての写真撮影が可能で、撮影した写真をハッシュタグ付きで共有するとカードとして持ち帰ることができるインタラクティブな仕掛けも用意されている。

 「愛する日本、美しい京都の街で開催することが嬉しい」と話すポールは、マネキンが並んだ通常のファッションの展覧会とは異なるとし、「僕の全てを正直にさらけ出しているから、たくさんのインスピレーションを得ることができて、ここから出たくなくなるかも」と会場の笑いを誘った。情報過多で普通のもので溢れている現代に対して「当たり前ではないものや、自由な心を持つことが大切」だということを伝えていきたいという。「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」では、ポールの創作の原点から趣味やアイデアの源まで、ファッションだけではなく多角的に楽しめる構成となっている。

■ポールスミス展「HELLO, MY NAME IS PAUL SMITH」
京都会場
会期:2016年6月4日(土)〜7月18日(月・祝)
会場:京都国立近代美術館

東京会場
会期:2016年7月27日(水)〜8月23日(火)
会場:上野の森美術館

名古屋会場
会期:2016年9月11日(日)〜10月16日(日)
会場:松坂屋美術館

特設サイト(詳細・チケット情報)

■特別番組
フジテレビ「デザイナーのレシピ」
ポール・スミスに密着し松田翔太がナビゲート
7月26日深夜25:35~26:35放映

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング