Fashion HR

初めてのアパレル業界への転職で最低限押さえておきたい面接準備のポイント

Fashion HR

ファッション業界に特化した仕事・転職サイト

フォローする:

— ADの後に記事が続きます —

転職活動で最も重要な関門となる「面接」。転職活動は、書類選考の段階からある程度の社会経験やスキルが応募基準になります。それなりの履歴書や職務経歴書があれば書類選考を通過することができるかもしれませんが、面と向かって自分をアピールする「面接」は簡単に突破できるものではありません。そして、ファッション・アパレル業界であれば、なおさら他業界とは異なるポイントがあります。

今回は、初めてのファッション・アパレル業界への転職で最低限押さえておきたい面接準備のポイントについて紹介します。

面接前にやっておきたい準備(ショップ訪問や、情報収集など)の内容は?

まず、ファッション業界のみならず面接準備で一番最初に重要なポイントは、企業・ブランド研究です。自分が希望するブランドや会社をしっかり「企業研究」して、その会社が業界でどのような立ち位置でいるのか、どんなビジョンをもって成長していこうとしているのか、確認を必ずしておきましょう。(企業研究の方法はこちら>>)

また、ショップ訪問は必ずいくべきです。ファッション・アパレル業界は何よりも現場に重きを置いている業界。実際にあなたがお客様の立場となりショップに足を運び、何を感じたか、接客を受けどう思ったかなど、面接時の話題を増やすこともできます。ブランドの人事担当者は第3者の率直な意見を常に聞きたいと思っています。接客以外にも、お店のこだわりの部分(特徴的なディスプレイや、空間演出、生花を飾っている、香り等...)に共感できたら、そのことについてお話しするのも◎。純粋にあなたが「いいな」と思ったポイントを具体的に話せるようにしておきましょう。(面接前の店舗見学のコツはこちら>>

面接前の準備で見えてきた自分がその会社で活躍したいビジョンや目標を明確にしておくことで、面接当日に自然な流れで志望動機を話せるはず。面接官にもきっと入社したいという意思が伝わりやすいです。

「アパレル業界の面接って何着れば良い?」キホンの服装と身だしなみ

ファッション・アパレル業界を目指す求職者の多くは、大前提に「ファッションが好き!」という強い気持ちがあるはずです。だからこそ企業から指定がない限りは、リクルートスーツでショップ訪問や面接に赴く必要はありません。あなたが選ぶ服のファッションセンスも評価対象になる場合があります。

5

服装・身だしなみで押さえておきたいポイントは、まず目指すブランド・企業についてきちんと理解をして、テイストに合う服装を心がけるということ。あなたの個性をアピールしつつ、企業に入りたい気持ちを表したスタイリングをおすすめします。

20160922hr2.jpg

アパレルの面接でNGな服装・身だしなみは?

前述の通り、あなたの個性を消してしまうリクルートスーツはファッション業界の面接ではNG。企業によって稀に指定があるケースもありますが、ファッションを仕事にするのだから、自分の個性に自信をもって場にふさわしい服装で挑みましょう。

また、ブランドロゴが目立つようなアイテムや、全身他社ブランドで身を固めたりするのもNG。ブランド・企業イメージにそぐわない服装は、空気が読めないのと同じで、不採用理由の一つになります。さらにカジュアルすぎるサンダルやダメージが強いもの、汚れや毛玉が目立つアイテムも問答無用です。

また、素材感やアイテム選びも重要。あくまで面接という"正装"の場ですから、テロテロのTシャツやジーンズ、サンダル、過剰なアクセサリー、過剰なメイク、キツイ香水などは避けましょう。(面接コーディネートの記事をチェック!>>)

いかがでしたか?ファッション・アパレル業界を目指すからには、まず自分自身を分析し客観視することが大切です。希望するブランド・企業の面接前に、しっかり自らをトータルプロデュースしてあなたの魅力をアピールしましょう!

最新の関連記事
Realtime

現在の人気記事

    次の記事を探す

    Ranking Top 10

    アクセスランキング